タグ別アーカイブ: Python

GTK+ Cancel Long Keypress

GTK+ にてキーの長押しを判別する手段を発見。
GTK+ はキーの長押しを認識できないようで | PaePoi
こんなことを書いて 8 年もたってしまった、遅すぎるぞ俺!

何かキーを長押しした状態で event.time の値を見ると同一だった。
つまり長押しは最初に押した時間のまま延々とイベントが飛んでくるようだ。
とっととサンプルコードを書いたほうが解りやすいということで。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '3.0')
from gi.repository import Gtk

class CancelLongKeypressWindow(Gtk.Window):
    """
        Wayland Only
    """
    def __init__(self):
        Gtk.Window.__init__(self)
        self.connect("hide", Gtk.main_quit)
        self.connect("key-press-event", self.on_key_press_event)
        self.long_keypress = 0
        self.show()

    def on_key_press_event(self, widget, event):
        #
        # Cancel Long Keypress
        #
        if self.long_keypress == event.time:
            return False
        self.long_keypress = event.time
        #
        print("Press!")
        return False

CancelLongKeypressWindow()
Gtk.main()

これでうっかり長押ししてしまっても早送りみたいな状態を避けられる。
逆に長押しされているのを判別するということも可能、こんなに簡単だった。
Comipoli で使うのと 8 年前の記事に合わせるため Python にしました。
これで我が Comipoli で早送りされてしまうのを防げるぞと。

そういえばあの頃は Ubuntu を使っていたなぁ。
今度から GNOME に戻るんだっけ、良さげなら又使うかな?
って GNOME に Dock を付けるという余計なことを又してる、ヤメた。
筆者は MacBook Air でも Dock はまったく使わないんですけど。
第493回 Ubuntu 17.10の変更点:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

追記
Wayland 環境だけのようです。
X.org でログインしたら同様にならなかった。

LOKDocView

本日の Fedora アップデートでこんなのが出た。

LOKDocView って何だ?

Development/Integrating LOKDocView and GNOME Documents – The Document Foundation Wiki

libreoffice 文書を GNOME Document で表示する API なのか。
ということは gir でバインドされているのかな。

普通にあったわ、コレって今まであったっけ?
まあそれはいいや、さてサンプルコードを探してみよう。

GitHub – pranavk/lokdocviewer: An application for testing LOKDocView

js/py 両方用意してくれているとは親切ですね。
しかし new メソッドの引数が PyGObject は 2 つで Gjs は 3 つ。
Gjs らしく new キーワードに書き換えるとコアダンプ。

#!/usr/bin/gjs

const Gtk = imports.gi.Gtk;
const LOKDocView = imports.gi.LOKDocView;
const Lang = imports.lang;

const LOKWindow = new Lang.Class({
    Name: 'LOKWindow',
    Extends: Gtk.ApplicationWindow,

    _init: function(app) {
        this.parent({
            application: app
        });
        // Segmentation fault
        //this.view = new LOKDocView.View();
        this.view = LOKDocView.View.new(null, null, null); // OK
        this.view.open_document(
            "/home/sasakima-nao/syokumu.odt",
            "{}",
            null,
            Lang.bind(this, function() {
                this.view.set_edit(true);
            }),
            null);
        let sw = new Gtk.ScrolledWindow();
        sw.add(this.view);
        this.add(sw);
        //
        this.show_all();
    }
});

let app = new Gtk.Application();
app.connect("activate", function() {
    new LOKWindow(app);
});
app.run(null);

前々回みたいな問題があるし…
GNOME はぶっちゃけ Gjs に全面移行したいのだろうけどまだ問題が多いなぁ。
てか Python はサードパーティなのに対応っぷりがスゲェ。
当面は Python と併用が続くのだろう。

コレを使って何か作るかな、ここんとこネタ切れなのは秘密だよ。

ClutterImage PyGObject/Gjs

おまたせ、Comipoli Gjs 版が遅くて出せない原因が判明しました。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Clutter', '1.0')
gi.require_version('GdkPixbuf', '2.0')
from gi.repository import Clutter, Cogl, GdkPixbuf

Clutter.init()

PICTURE = "burgman400.jpg"

pixbuf = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_file(PICTURE)
image = Clutter.Image()
image.set_data(
    pixbuf.get_pixels(),
    Cogl.PixelFormat.RGB_888,
    pixbuf.get_width(),
    pixbuf.get_height(),
    pixbuf.get_rowstride()
)

#!/usr/bin/gjs

const Clutter = imports.gi.Clutter;
const Cogl = imports.gi.Cogl;
const GdkPixbuf = imports.gi.GdkPixbuf;

Clutter.init(null);

const PICTURE = "burgman400.jpg";

let pixbuf = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_file(PICTURE);
let image = new Clutter.Image();
image.set_data(
    pixbuf.get_pixels(),
    Cogl.PixelFormat.RGB_888,
    pixbuf.get_width(),
    pixbuf.get_height(),
    pixbuf.get_rowstride()
);

何ですかこの圧倒的なスピード差は!!!
というより Gjs のこの異様な遅さは何なんだ?
GdkPixbuf を使うだけなら特に差が無いのに。

憶測だけど PyGObject は get_pixels でバイナリ出力を直接使っていると思う。
Gjs は多分バイナリ出力を Uint8Array オブジェクトに変換している。
言語仕様の制限だろうからセット関数の追加が無いかぎりこのままだろうね。

ClutterImage に画像セットはコレしか手段が無い、これは困った。
Gjs でいくなら ClutterCnavas で cairo という手しか無いっぽい。
でもそれなら GtkDrawinArea でいいじゃん、ということになり…

結論、Clutter で画像を使うのに Gjs は絶望的に向いていません。

Gjs VS PyGObject (Linux time command)

Linuxコマンド集 – 【 time 】 指定したコマンドの実行時間を表示する:ITpro

なんだよ、こんな便利なコマンドがあったのかい!
これで Python と Gjs の速度比較が簡単になる。

function printDateFormat(ms) {
    let date = new Date(ms);
    let s = date.getMinutes() + ":" + date.getSeconds() + ":" + date.getMilliseconds();
    print(s);
}

ってのを Gjs 用に考えたけどいらなかった。

てなわけで、早速 Gio.Subprocess で差が出るか確認してみよう。
前回のコードから不要な部分をバッサリ省いて。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('GdkPixbuf', '2.0')
from gi.repository import Gio, GLib, GdkPixbuf

namelist = []
unzip_list = []

sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-Z", "test.cbz"], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE);
istream = sp.get_stdout_pipe()
dstream = Gio.DataInputStream(base_stream=istream)
while True:
    line, l = dstream.read_line_utf8()
    if line == None: break
    if line.startswith('-'):
        name = line[53:]
        if GLib.Regex.match_simple("\.(jpe?g|png|gif)$", name, GLib.RegexCompileFlags.CASELESS, 0):
            namelist.append(name)

for name in namelist:
    sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-p", "test.cbz", name], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE)
    stream = sp.get_stdout_pipe()
    p = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_stream(stream, None);
    unzip_list.append(p)
    stream.close()

Gjs で書き換えて。

#!/usr/bin/gjs

const GLib = imports.gi.GLib;
const Gio = imports.gi.Gio;
const GdkPixbuf = imports.gi.GdkPixbuf;

let namelist = [];
let unzip_list = [];

let sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-Z", "test.cbz"], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE);
let istream = sp.get_stdout_pipe();
let dstream = new Gio.DataInputStream({base_stream:istream});
for (;;) {
    let [line, l] = dstream.read_line_utf8(null);
    if (line == null) break;
    if (line.startsWith('-')) {
        let name = line.slice(53);
        if (GLib.Regex.match_simple("\.(jpe?g|png|gif)$", name, GLib.RegexCompileFlags.CASELESS, 0))
            namelist.push(name);
    }
}

for (let i=0; i<namelist.length; i++) {
    let sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-p", "test.cbz", namelist[i]], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE);
    let stream = sp.get_stdout_pipe();
    let p = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_stream(stream, null);
    unzip_list.push(p);
    stream.close(null);
}

コレを time コマンドで比較。

って一秒すらも差が出ない誤差の範囲ジャン!
Gjs 版 Comipoli が異様に遅い原因は言語のせいでは無いことは判明した。

zipfile module VS unzip command

Comipoli を PyGObject から Gjs に変更すると以前書いた。
実際に作っているんだけど困った、遅すぎる…

もしかして Gjs って遅いの?
いや単に zipfile モジュールが早いだけかも、実験だ。
zipfile を使うから当然 Python で。
blog で Python を書くのは久々のような。

#!/usr/bin/env python3

import time, zipfile, gi
gi.require_version('GdkPixbuf', '2.0')
from gi.repository import Gio, GLib, GdkPixbuf

namelist = []
zipfile_list = []
unzip_list = []

sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-Z", "test.cbz"], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE);
istream = sp.get_stdout_pipe()
dstream = Gio.DataInputStream(base_stream=istream)
while True:
    line, l = dstream.read_line_utf8()
    if line == None: break
    if line.startswith('-'):
        name = line[53:]
        if GLib.Regex.match_simple("\.(jpe?g|png|gif)$", name, GLib.RegexCompileFlags.CASELESS, 0):
            namelist.append(name)

# zipfile speed
now = time.time()
for name in namelist:
    with zipfile.ZipFile("test.cbz") as o:
        data = o.read(name)
        stream = Gio.MemoryInputStream.new_from_data(data)
        p = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_stream(stream)
        zipfile_list.append(p)
        stream.close()
print(time.time() - now)

# unzip command speed
now2 = time.time()
for name in namelist:
    sp = Gio.Subprocess.new(["unzip", "-p", "test.cbz", name], Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE)
    stream = sp.get_stdout_pipe()
    p = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_stream(stream, None);
    unzip_list.append(p)
    stream.close()
print(time.time() - now2)

少し大きめの cbz を用意して。

やはり zipfile モジュールのほうが少し展開が早いんだね。
いや、Gjs で作りかえた Comipoli の遅さはこんなレベルじゃないんだが。
ぶっちゃけ二倍くらい表示に時間が掛かる、とても出せるシロモノではない。

やっぱり Gjs が遅いのかも。
Gjs で同様なサンプルをと思ったけど time.time() の代替は何だ?
g_timer_new とかってバインドされていないのね、GDateTime あたりかな。
それとも他に原因があるかもしれないし、今日はここまで。

ただ Gjs への書き換えをやったおかげで beta12 で多重展開していたのを見つけた。
修正したらスゲェ速くなったので PyGObject のまま beta13 公開。
たまにはこうやって丸ごと書き換えるといいこともあるもんだ。