タグ別アーカイブ: bash

Automator JXA and shell

サービスがいいMacBookにしておく – ザリガニが見ていた…。

Automator ってコンテキストメニューが作れるんだ!
この方法なら筆者が書いた Finder Script より簡単にシェルが使える。
macOS アプリを JXA (AppleScript) で拡張 – L’Isola di Niente
いや Nautilus スクリプトと同じように使えるというべきか。

では早速。
Mojave ではサービスではなく「クイックアクション」になっています。

リンク先ではテキストの選択だけど Finder での選択もイケそう。
「Finder 項目を表示」を挟む必要があるみたい。
早速同じ AppleScript を試すと、、、、、

あぁ、やはりパス名は古い mac 形式、いつものことだ。
しかしこの input は CR 改行区切りの文字列なのか配列なのか?
JXA でないと筆者は解らないので「JavaScript を実行」に置き換えて。

function run(input, parameters) {
	
	// Your script goes here
	let app = Application.currentApplication();
	app.includeStandardAdditions = true;
	//let s = input.toString().split('\r').join('\n');
	let s = input.join('\n');
	app.displayAlert(s);

	//return input;
}

うん、JXA だと input は JavaScript の配列になるようだ。
こっちだと UNIX パスになるな、何故かはワカンネ。
最後の return は次に続くチェーンが無いなら不要みたい。

んで、名前を付けて保存すると。

~/Library/Services/

以下に保存される、*.workfrow はディレクトリのようだ。
中にある info.plist の NSMenuItem キーからメニューを変名できる。

まて、よく見ると「シェルスクリプトを実行」のアクションがある。
AppleScript, JXA だけでなく直接 bash も使えるようで。
入力を「引数として」の選択肢もある、これならどうなる?

ところでカレントディレクトリは又してもルートなんだろうか。
と思って調べたら $HOME だった、どっちにしろ移動しなきゃ。
ファイル実行ではないので $0 では調べられない、と最初思ったけど。
ファイルを選択してコンテキストメニューなんだから $1 でいいヤン。

cd `dirname $1`
echo "$@" > out.txt

で保存して Finder で何か選択して実行。
選択したファイルがある位置に UNIX 形式パスが IFS 区切りでリダイレクトされるのが確認できるはず。
これでシェルを簡単に使えるようになるのでお好きなコマンドを。
JXA とチェーンを繋げればかなり高度な自動化ができそう。

colon command

Bash, no-arguments warning, and case decisions – Stack Overflow

このページの

: ${1?"Usage: $0 ARGUMENT"}

がよく解らなかった。
先頭のコロンって何も起こらないコマンドだったはずだけど。
変数中の ? も今まで見たことがなかった。

何もしない組み込みコマンド ":" (コロン)の使い道 – Qiita

凄く詳しい解説をありがとう。

: echo 1
# 無視される

: | echo 1
# 1 が出力される

: touch one.txt > tow.txt
# 空の tow.txt だけが造られる

: ${var=3}
echo $var
# 3 が出力される

なるほど、先頭コロンが何もしないのは最初の引数だけなんだ。
でも :=, :? の場合は副作用が起こるということらしい

それと変数中の ? の正体は :? のようだ、イコールも同様。
:- と同様にコロンは実は無くてもいいということね。

つまり最初のは第一引数が無い場合は ? 以下をエラー出力して終了という意味。
こんな短いコードで実現、って Bash 解りづれぇYO!

uname

cat /etc/hostname

は macOS では使えないジャン!

えっと macOS でホスト名を得るには $HOSTNAME が使えるのか。
いや /proc/version とかも Linux だけだ、うーん。。。。。

カーネルのバージョンなどのシステム情報を調べるには

uname があった!
これなら Fedora, macOS のどちらでも同様だ。

シェルスクリプトの覚書色々 – L’Isola di Niente

ということで前回のデフォルト引数等を含めて書き換えました。
えらそうに Tips ページなんか作っていてまだ知らないこと多いな。

Bash Default Parameter

こんなページを見ていたんですが。
macOSのターミナル(bash)のプロンプトを変えました。 – Qiita

${BASH-no} って所の no はデフォルト引数ってことじゃないの?
シェルスクリプトの覚書色々 – L’Isola di Niente
デフォルト引数ならば ${BASH:-no} と書く、と思っていたんだけど確認。

Parameter Substitution

:-, – のどっちでも良かったのね!
macOS の 3.2.57、Fedora の 4.4.23 にて確認しました。

しかし /etc/profile の中身は Fedora と随分違うな。

Fedora も最後はドットコマンドで /etc/bashrc を取り込んでいる。
こっちは [ -n “${BASH_VERSION-}” ] とやはりデフォルト引数を使っている。

でも宣言されていない変数なら空文字になるのでいらなくない?

[ -n "${BASH_VERSION}" ]

だけでいいような。

/etc/bashrc の存在確認が -r だったり -f だったり。
バージョンが新しい Fedora では && を一切使っていなかったり。
同じ bash でもこういうのはベンダー毎に作っているんだね。

ところで macOS が 10.14.2 にアップデート。
JXA で NSMakeRect は使えないままでした、しょんぼり。

Gedit External Tools CRLF

Gedit の External Tools が変だ。

何故コマンドが改行されているのだ?
head コマンドの挙動が変わってしまったのだろうか。

一時間くらいすったもんだしてやっと理由が判明。
何故か改行コードが CRLF になっていたからだった。

head -n1 は LF までを戻すので直前の CR は残ってしまうみたい。
てか bash が CR を改行と認識すると初めて知った。
CR を使うなですむ話だけど、一応対策。

#!/bin/sh

# Do shebang

#h=`head -n1 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH`
# Remove CR
h=`head -n1 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH | tr -d '\r'`
if [[ $h = \#\!* ]]; then
    app=${h#*\!}
    echo $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
fi

普段はまったく無意味な処理なんだけどね。