PyObjC」タグアーカイブ

macOS Get UTI

Apple 関連で開発をしていると UTI を調べる必要がある場合が多々ある。

Uniform Type Identifier – Wikipedia

Uniform Type Identifier Concepts

検索をしていたら素敵なページを見つけた。

Mac や iOS でファイルの種類を表す識別子 Uniform Type Identifiers を拡張子から調べる(Swiftで1行で出来る) – niwatakoのはてなブログ

てゆーか JXA でも PyObjC でもできる。
しかし困ったことに JXA では CFString が NSString にキャストできない。

objective c – JXA: Accessing CFString constants from CoreServices – Stack Overflow

上記を見つけてようやく解決。
console.log って C 言語の char[] を出力できる、初めて知った。
UTF16LE に変換は不要、CJK 文字列でも問題ないようです。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

let jp = $('スズキ GSX250R').UTF8String;
console.log(jp);
//=> スズキ GSX250R

// ex: ft=js.jxa

ということで JXA にて簡単に調べるコマンドを作ってみる。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

ObjC.import('CoreServices');

function run(argv) {
    for (let ext of argv) {
        let uti = $.UTTypeCreatePreferredIdentifierForTag(
            $.kUTTagClassFilenameExtension, $(ext), null);
        let s = $.CFStringGetCStringPtr(uti, 0);
        console.log(`${ext}: ${s}`);
    }
}

// ex: ft=js.jxa

getuti.js

せっかくなので基底タイプも調べたいぞ。
JXA で得る方法が解らなかったので PyObjC で書いてみる。
PyObjC は CFDictionary や CFString も Python の型と等価なので超簡単。
他の言語を使うのが馬鹿馬鹿しくなってしまうので注意が必要。

#!/usr/bin/env python3

import sys, CoreServices

for ext in sys.argv[1:]:
    uti = CoreServices.UTTypeCreatePreferredIdentifierForTag(
        CoreServices.kUTTagClassFilenameExtension, ext, None)
    arr = CoreServices.UTTypeCopyDeclaration(uti)['UTTypeConformsTo']
    con = ','.join(arr)
    print(f'{ext}: {uti} [{con}]')

# ex: ft=py

@PyObjC

getuti という拡張子の無い名前で +x のパーミッションを付けパスの通った場所へ。

getuti

JXA でやりたかったけどまだまだ修行が足りない。

NSView Auto Layout

NSView のレイアウト方式いろいろ – ひ?to?り?go?と

こんなの見つけた。
windowDidResize に頼らず NSView を引き延ばす手段がこんなにあったんだ。

autoresizingMask の指定
addConstraints でアンカーの指定
layout のオーバーライド

一つづつ作って試すの面倒だから NSView の上に NSView を置いて。
上記三つを全部 PyObjC でやってみた。

#!/usr/bin/env python3

from AppKit import *

RECT = ((0, 0), (300, 100))
wins = []

class TopView(NSView):
    def initWithFrame_(self, rect):
        objc.super(TopView, self).initWithFrame_(rect)
        return self

    def drawRect_(self, rect):
        # 全体にバッテンを描く
        NSColor.darkGrayColor().set()
        path = NSBezierPath.bezierPath()
        path.setLineWidth_(10)
        path.moveToPoint_((0, 0))
        path.lineToPoint_(rect.size) # タプルなのでこれでいい
        path.moveToPoint_((0, rect.size.height))
        path.lineToPoint_((rect.size.width, 0))
        path.stroke()

class SecondView(NSView):
    def initWithFrame_(self, rect):
        objc.super(SecondView, self).initWithFrame_(rect)
        self.v = TopView.alloc().initWithFrame_(RECT)
        self.addSubview_(self.v)
        return self

    def layout(self):
        # Override
        objc.super(SecondView, self).layout()
        self.v.setFrameSize_(self.frame().size)

class ThirdView(NSView):
    def initWithFrame_(self, rect):
        objc.super(ThirdView, self).initWithFrame_(rect)
        self.v = SecondView.alloc().initWithFrame_(RECT)
        self.addSubview_(self.v)
        #
        # addConstraints
        #
        self.v.setTranslatesAutoresizingMaskIntoConstraints_(False)
        self.addConstraints_([
            self.v.leftAnchor().constraintEqualToAnchor_constant_(self.leftAnchor(), 0),
            self.v.rightAnchor().constraintEqualToAnchor_constant_(self.rightAnchor(), 0),
            self.v.topAnchor().constraintEqualToAnchor_constant_(self.topAnchor(), 0),
            self.v.bottomAnchor().constraintEqualToAnchor_constant_(self.bottomAnchor(), 0)
        ])
        return self

class MyWindow(NSWindow):
    def init(self):
        objc.super(MyWindow, self).initWithContentRect_styleMask_backing_defer_(
            RECT,
            NSTitledWindowMask | NSClosableWindowMask |
            NSResizableWindowMask | NSMiniaturizableWindowMask,
            NSBackingStoreBuffered, False)
        self.center()
        self.setTitle_('Auto Resize')
        #self.setDelegate_(self)
        # View
        self.v = ThirdView.alloc().initWithFrame_(RECT)
        self.contentView().addSubview_(self.v)
        #
        # autoresizingMask
        #
        self.v.setAutoresizingMask_(NSViewWidthSizable | NSViewHeightSizable) # 2+16
        #
        return self

    #def windowDidResize_(self, sender):
    #    self.v.setFrameSize_(self.contentView().frame().size)

class AppDelegate(NSObject):
    def applicationDidFinishLaunching_(self, notification):
        window = MyWindow.new()
        window.makeKeyAndOrderFront_(window)
        wins.append(window)

class AppMenu(NSMenu):
    def init(self):
        objc.super(AppMenu, self).init()
        item_app  = NSMenuItem.new()
        self.addItem_(item_app)
        menu_app = NSMenu.new()
        item_app.setSubmenu_(menu_app)
        # quit menu
        item_quit = NSMenuItem.new()
        item_quit.initWithTitle_action_keyEquivalent_('Quit App', 'terminate:', 'q')
        menu_app.addItem_(item_quit)
        return self

NSApplication.sharedApplication()
NSApp.setMainMenu_(AppMenu.new())
NSApp.setDelegate_(AppDelegate.new())
NSApp.activateIgnoringOtherApps_(True)
NSApp.run()

なるほど、全部 PyObjC からでも使えますね。
でも結局 windowDidResize が一番扱いやすいような。。。。。

NSPopUpButton, NSComboBox

NSComboBox を使ってみたけど何か変だ。
システム環境設定のコンボボックスと形が違う。
タップでプルダウンも矢印の所しか反応しないし何コレ?

Views and Controls | Apple Developer Documentation
どうやらこれは NSPopUpButton というコントロールのようだ。
GTK+ みたいに Gallery が欲しいんですけど。
Widget Gallery: GTK+ 3 Reference Manual

NSComboBox が NSTextField のサブクラス。
NSPopUpButton が NSButton のサブクラス。

items = ['YAMAHA', 'SUZUKI']

class MyView(NSView):
    def initWithFrame_(self, rect):
        objc.super(MyView, self).initWithFrame_(rect)
        #
        # NSComboBox @ NSTextField init method
        cbox = NSComboBox.labelWithString_('Select')
        w, h = cbox.frameSize() # Get Control Height
        cbox.setFrame_(((10, 10), (200, h)))
        cbox.addItemsWithObjectValues_(items)
        self.addSubview_(cbox)
        #
        # NSPopUpButton
        pop = NSPopUpButton.alloc().initWithFrame_pullsDown_(((10, 40), (200, h)), False)
        pop.addItemsWithTitles_(items)
        self.addSubview_(pop)
        #
        return self

未選択状態が必要な場合は NSComboBox を利用。
みたいな使い分けでいいのかな?
どこをタップしてもいい NSPopUpButton はタッチ操作向けだよな。
もう少し弄ってみる。

pythonhosted

あれ? https://pythonhosted.org/pyobjc/index.html が消えている。

PyObjC Document はコッチに移動(?)したようだ。
Introduction ? PyObjC – the Python to Objective-C bridge
以前からあったのかどうかは知らない、基本 Fedora 屋なので。

というわけで NSTextField Tips 追加。
NSTextField – L’Isola di Niente
短いけど実用には充分にしたつもり。

しかし textDidChange: は何故デリゲートではなくメソッドなんだよ。
NSButton に至っては target, action 指定だし、この統一感の無さが macOS の中身。
macOS の洗練された見た目と統一された操作性はこの糞みたいな Cocoa で作られている。
GTK+ も GTK3 にならなかったらこんな感じになっていたんだろうな。

次は NSTextView にしようと思ったけど。
NSTextView – AppKit | Apple Developer Documentation
Rich Text のことばかりみたいだなぁ、ヤル気しねぇ。
NSSlider, NSComboBox あたりにしよう、のんびりと。

Quick Action @ change72dpi (PyObjC)

自作アプリの件が片付いたので PyObjC Tips の続きを。
NSButton – L’Isola di Niente

NSButton だけで長くなってしまったのでコレだけで一頁にした。
3D タッチ処理がこんなに簡単だとは思わなかった、AppKit スゲェ。

それはそうと、sips がおかしい、サイズが半分の半分になるんだが。
今まで下記クイックアクションに登録したコードでイケていたのに急に何故だ?
macOS をクイックアクションで拡張 – L’Isola di Niente

スクリーンショットが必要なのに困った。
緊急で自作スクリプトを作る。

#!/usr/local/bin/python3

import sys, os
from AppKit import *
from Quartz.CoreGraphics import *

os.chdir(os.path.dirname(sys.argv[1]))
args = sys.argv[1:]

for s in args:
    name = os.path.basename(s)
    src_image = NSImage.alloc().initWithContentsOfFile_(name)
    img = NSBitmapImageRep.imageRepWithData_(src_image.TIFFRepresentation()).CGImage()
    h = CGImageGetHeight(img) // 2
    w = CGImageGetWidth(img) // 2
    ctx = CGBitmapContextCreate(None, w, h, 8, 4 * w, CGColorSpaceCreateDeviceRGB(), kCGImageAlphaPremultipliedLast)
    CGContextDrawImage(ctx, CGRectMake(0, 0, w, h), img)
    imgref = CGBitmapContextCreateImage(ctx)
    out_image = NSImage.alloc().initWithCGImage_size_(imgref, (w, h))
    bmp = NSBitmapImageRep.imageRepWithData_(out_image.TIFFRepresentation())
    data = bmp.representationUsingType_properties_(NSBitmapImageFileTypePNG, {})
    data.writeToFile_atomically_(f'72dpi-{name}', True)

change72dpi という拡張子の無い名前にして +x パーミッション。

Comipoli で使っているコードをフルパス用に書き換えて同じ結果になるように。
クイックアクションは以前の command+shift+S でコピーを作って。

/Users/sasakima-nao/bin/change72dpi "@"

に書き換え保存。

とにかく、GUI を使うなら何をするにもフルパスが必要。
まさかのシバンまでフルパスに、いやシンボリックリンクなんだけどさすがに通った。
だからパスが通っているディレクトリに入れる必要は無いけどなんとなく。

Linux みたくフルパスを使うことのほうが珍しいにしてくれよ。
セキュリティなんて SELinux みたいなので充分だろ。