Mac」タグアーカイブ

AuthPass

そういえば M1 Mac にパスワードマネージャを入れていなかった。
細かいことは Fedora でやるし、ではいつか困るよな。
前の Mac までは Keepass XC を入れていた。

Old mac to New mac | Paepoi Blog

ぶっちゃけ、ほとんど出番は無かった。
command+V でコピペに拘る必要もないなって感じ。
おまけに結構サイズがデカい、もっと単純でいいし。
てか、Mac の Qt アプリは Mac の動作に合わせていなくて嫌。

Windows で Keepass V1。
V2 はドットネットのウンコなので無視。
Linux に移って Qt アプリな KeepassX へ。
KeepassX が V2 になったので kdbx へ変更。
開発が止まったのでフォークした KeepassXC へ。
その時に Mac にも導入。
GNOME で Ctrl+V が使えなくなった、もう何でもいいや。

で、今 Fedora では Password Safe という GTK3 アプリを使用中。
環境と同じが一番、Mac では Cocoa にしたい。

KeePass互換のオープンソースのパスワードマネージャ・「AuthPass」 | かちびと.net

こんなの見つけた、AppStore にあるジャン。
たったの 17 MB で素敵、これでいいや。

起動して [Yes,open my passwords] を選択。
[Open Local File] から kbdx を選択。
あれ?これっていわゆるブラウザアプリですか?

authpass/authpass at master ? authpass/authpass ? GitHub

ソースを見ると Linux や Windows 版もあるのね。
macos は Swift で Cocoa だ。
linux は GtkApplication なのか。
拡張子が cc なのに思いっきり C 言語で笑える。
windows は WindowsSDK だ。
wWinMain で UNICODE 直呼びして COM 使ってる、懐かしい。

それはいいとして。
これ 2 回目の起動から指紋認証が使えるぞ!
コピーはハンバーガーメニューから選択なのがチト面倒かな。
主に確認用なんだからそれでいいか、しばらく様子見。

Big Sur: LUMIX

M1 Macbook Air てか Big Sur はマジで凄いぞ。
LUMIX の RAW データ RW2 が Preview.app で表示できるヤン。
もちろんサムネイルも、Finder のプレビュー枠で Exif 情報も。
NIKON の NEF も、これは前からだっけ?

rw2

それと、何故か今まで気が付かなかったけど。
筆者の LUMIX で撮影した写真って 180dpi だったんですね。

lumix

ずっと 72dpi だと思いこんでいた。
ちなみに NIKON は 300dpi だった、違いがわかんないけど。
RAW はどっちも 72dpi だ、印刷しなきゃ関係ないといえばそうだけど。

ホワイトバランス調整や RAW 現像は写真.app に送らないとだめか。
いや RAW のまま表示できるってことは現像なんてしないのかも。

つまり今後は RAW のみで撮影しても Mac 内で厳選できるのね。
あれ、Lightroom いらなくね?
いやもう少し調べてみるけど。

ところで M1 Mac にしてからなんか dock がおかしい。
少し前に使ったアプリが勝手に Dock に登録されるようになり困っていた。
Dock の設定をよく見ると「最近使ったアプリ」って何この迷惑な機能、即 OFF に。

それと Launchpad のショートカットが無いとやはり不便。
option+F1 が使えなくなってしまった、ので F4 に割り付けてみた。
それに F7 でカタカナ変換ができないと困る人も多いと思うんだけど。
Air でよかった、Pro はいつまで不評なタッチバーでいくのやら。

後 11.1 のアップデートでやはり httpd.conf はリセットされたw
作って良かった前回のスクリプト。

M1 Mac Setting

macOS のサンドボックスってこんなにウザかったっけ?

sandbox1

端末アクセスごときにチマチマ許可を与えるのが面倒すぎる。
とっとと端末のサンドボックス設定をフルディスクアクセスに変えよう。
zsh という意味ではないです、Terminal.app のみに適用される。

full_disk

それと、こんなのを見つけたので前回の PyObjC を試す。

Macで実行しているアプリがIntel x86_64かApple Silicon arm64アーキテクチャかをメニューバーに表示してくれるオープンソースのユーティリティ「Silicon Info」がリリース。 | AAPL Ch.

端末から Python3 に渡して起動すると arm64 になる。
Atom から command+option+T で起動する端末は arm64 になる。
Atom から atom-runner でプロセス起動すると Intel になる。

Rosetta2 で起動した Python3 でも PyObjC は使えたんだね。
まあ Atom が arm64 になるまで端末利用かなって。

後は apache だな。
どうせまたアップデート毎に httpd.conf が初期化されるので。

#!/usr/bin/env python3

'''
    # Run on root
    sudo python3 httpd_rewrite.py
    #
    # start or restart
    sudo apachectl restart
    #
    # Auto start of service
    sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.apache.httpd.plist
'''

import shutil

CONF = '/etc/apache2/httpd.conf'
out = []
# User Rewright
ROOT = 'DocumentRoot "/Users/sasakima-nao/www"\n'
DIRC = '<Directory "/Users/sasakima-nao/www">\n'

shutil.copyfile(CONF, 'backup_httpd.conf')

with open(CONF, 'r') as f:
    for line in f:
        if 'php7_module' in line:
            out.append(line[1:])
        elif line.startswith('DocumentRoot'):
            out.append(ROOT)
        elif '<Directory "/Library/WebServer/Documents">\n' == line:
            out.append(DIRC)
        else:
            out.append(line)

with open(CONF, 'w') as f:
    for s in out:
        f.write(s)

以前 JXA で作ったけど手抜きだったので Python で描き直し。
これで同じ LAN に繋がった iPhone 等から
http://コンピュータ名.local
でアクセスできる、てか今までと変わっていなかった。

http

Mac の人は面倒なのに vim で書き換えしている人ばかりなのは何故?
スクリプトを作っておけば初期化されても一発で書き換えできるのに。
Python とかのスクリプト言語ってこういうことをする為にある。

これで 2018 Air の頃と同じように使えるようになった。
後は Lightroom か、arm64 版も出たみたいだし。
その前にサブスクについてもう少し調べなきゃだが。

2020 Air 2

M1 Macbook Air が届いたけど忙しいのでちょっとだけの続き。
Terminal.app を開くとなんじゃこれ、hostname が酷い。

コンピューター名
漢字の名前のMacbook Air

hostname
漢字の名前を無理矢理ローマ字化noMacBook-Air

この hostname じゃプロンプトが長すぎる。
これは設定の共有のところで変更できる。
後は .zshrc を作って好みにプロンプトのカスタムを。

hostname

相変わらずスクリーンショットは 144dpi なのね。
72dpi に変換するスクリプトを Fedora からコピーしなきゃ。
とりあえず Fedora から ssh 接続。
上記の共有設定で「リモートログイン」にチェックする。
アクセス許可に自分を指定する。

ssh ユーザー名@ホスト名

うん M1 になっても普通にログインできるね。
ログインシェルはやはり zsh のようです。
ログインできるなら後は Nautilus から sftp でコピペできる。

Fedora Tips | ファイル共有 – Paepoi

いやまて、コピペじゃゲートキーパーにブロックされないか?

サンドボックスに許可を与えればスクリプトはコピペでも動くね。
よし再構築は結構簡単そうだぞと、今日はこのへんで。

2020 air 1

M1 MacBook Air が届いた。
でも仕事が忙しいので初期設定のみ。

iCloud にサインインしたら色々自動化されていてびっくりした。
iPhone に設定したメールアカウントや登録カード等が勝手に出る。
おかげでほとんどキーボードを打たないで初期設定完了。

少し使ってみる。
あれ?ファンクションキーから Launchpad のアイコンが消えた。
と思ったら Dock にアイコンが、この機能よく使っていたのにな。

その F4 の所には SpotLight が割り当てされている。
command+space 割り当てたり、どんだけ使って欲しいねん。

で、やっぱり control+space と command+space を間違える。
おまけに fn キーでも切り替えできるようになっていた。
とっととキーを入れ替えて fn キー切り替えも無効化、ほぼ全員やると思う。

細かいけど、US 配列の買い替えな人にしか解らないことだけど。
Option キーの上にあった alt の文字が記号になってしまった。
どれが alt キー相当なのか迷う、ということは無いかもだけど。

ここまでライブ変換を久々にやってみたけど、やっぱり無理w
こんな機能より「全角空白を打てない」オプションをくれ。
ibus-kkc に慣れすぎて切り替えが面倒くさいのねん。

しかし 2018 と色を同じにしたせいか全然代わり映えしないな。
でもやっぱりキーボードはいいね、うるさくないし。
うるさいことより耳障りだったペチペチ音ではなくなったのは大きい。

ぱっとつかってみての感想のみ、パワーとかはまた今度。