Mac」タグアーカイブ

EIZO FrexScan EV2795

買ってしまった。
27 インチディスプレイ、EIZO FrexScan EV2795 を。

M1 Macbook Air の RAW 現像用外部出力に高性能ディスプレイが欲しかった。
Retina Display は凄い、この本体から安物の外部ディスプレイなんてありえない。
ということでメーカーは EIZO 一択、USB-C ケーブル一本でというのも魅力。
老眼に 4K は辛いので WQHD の EV2795 を、という感じで。

もちろんデスクトップの Fedora と供用で使う。
そう考えると Fedora のほうに問題が。

SKYLAKE on Fedora | Paepoi Blog

Fedora はコレを使い続けている、ハードには興味が無い。
ただ一度故障したのでマザーを AsRock B250 の奴に、電源を新品に。
その他 i5-6500 8GB 等はそのまま、又 5 年も使ったのか。

Intel HD Graphics 530 は 4K 60Hz 出力に未対応。
WQHD 60Hz はイケるみたいだけど、実際に繋いでみないとわからない。
ビデオカードという手もあるけど Linux では Intel しか使いたくない。

Ryzen だと Linux と相性が悪いなんて書くブログが多いけどさ、逆だよ。
Intel は Linux 関連にガシガシとコミットしているから問題が起こりにくいだけ。
何故最初からドライバーが入っているのかを考えれば解るだろ、と。

とにかく買ってきた、繋いでみよう。

fedora_c

WQHD イケた、i5-6500 のままでもまだまだ戦えるぞ。
そんなことより Mac と Fedora で全然色が違う問題が解決した!

manjyusyage | Paepoi Blog

Fedora は問題なくて古い Acer の TN ディスプレイだけが原因だったのか。
いや Macbook Air 2011 のは当時の Mac はこの程度だったってこと?まあいい。
ちょっと意外、画像を弄るならディスプレイはケチらないほうがいいと実感。

こんどは M1 Macbook Air と USB3 接続。
HDMI と USB3 の入力切り替えは手動のみなのね。
これなら両方に電源を入れたまま切り替えできるけど、筆者は自動認識がいいな。
Mac への充電もされる、拍子抜けするほど何事も起こらない。

Apple M1シリーズチップ搭載Macとモニターの互換性 | EIZO株式会社

階調飛び問題は解決していないみたいですけど。
USB-C で接続した筆者の環境では何もおかしく見えない、ド素人の感想です。

サブ画面は Windows 等と同じ右側に配置される、ミラーリングもできる。
マウスやキーボードをディスプレイに繋げば入力の切り替えで供用できる。
と書いていたけど Mac は認識するが Fedora は切り替えで無線マウスを見失った。
いや Mac はマウスいらないってか Fedora でこのトラックパッドを使いたいんだが。

でも Macbook に Fedora を入れると control と command を絶対に間違える問題が。
併用だと間違えないのよ何故か、両方で US 配列キーボードを使うのがコツです。
いやコレは今関係無かったね。

oriview

Olympus Workspace は編集画面を分離してこんなこともできるようだ。
これはいい、てかこのアプリはこうでもしないと狭くて使う気にならない。

lightroom

Lightroom は外部ディスプレイに移動するメニューが現われる。
うーん、広い編集画面が魅力だった Lightroom が微妙になったぞ。

さて Macbook Air を綺麗に掃除するか。
OM SYSTEM さん、解像するトコ違うんじゃないの。

macOS Monterey

macOS を Monterey に遅ればせながらアップグレード。
Fedora とは違ってスッゲェ時間が掛かると解っているので休日まで待った。
12.13GB か、前の 14GB より減ったとはいえ酷い。

そろそろ全部終わったかな?
って画面を表示させると「インストールします」ダイアログ。
ガックリ。。。。。

[続ける]-[同意] って感じでボタンを押さないとインストールが始まらない。
今度こそ終わったかな?って見ると「再起動」ダイアログ。
ションボリ。。。。。

その再起動が又時間が掛かる。
終わった!と思ったらフェイントだった。
ゲンナリ。。。。。

M1 でコレだぞ、Intel Air だったらドンダケだったんだ?
アップグレードくらいボタン一発でスパッとやってくださいよ。
あーやっとこさ終わった。

それはいいとして。

Apple、macOS 12 MontereyにPython 2.7.18などを同梱してリリース。Big Surまで同梱されていたphpは削除されるので注意を。

マジで PHP は削除されるのね。
httpd.conf が初期化されるのはいつものこと。

php

WordPress の時代にコレって macOS を Web 開発に使うなってメッセージ?
Fedora のように dnf コマンドで即座に導入できるってわけでもないのにさ。
いったいどんな政治的なやりとりがあったのか、みたいな。
これだから Fedora も併用しなきゃなんだよ、macOS で開発は自由が無い。

自力で Python3 を入れている人は残る。
3.10 になっているのか、アップグレードしとこ。
macOS 64-bit unibersal2 installer で M1 ネイティブだよ。

Python Release Python 3.10.0 | Python.org

Lightroom は問題なく動く、コレのために Mac を使っているのだし。

それと Fedora から SSH てか SFTP で簡単アクセスする用の
~/.ssh/id_rsa.pub
とか設置していたものも普通に残っているしアクセスもできる。

そんなことより何より。

#!/usr/bin/osascript

ObjC.import('Cocoa');
let r = $.NSMakeRect(0, 0, 10, 10);

console.log(`width = ${r.size.width}`);

jxa

JXA での NSRect バグがやっと、ついに修正されたぞ!
Big Sur アップデート毎にコレ動かしてションボリしてたのよね。
待ちわびた、待ちすぎて PyObjC 万歳になっちゃった。

manjyusyage

彼岸花の季節がやってきました。
そうなると、この問題が気になってくる。

1

macOS と Fedora でまったく色が違うんです。
彼岸花の赤だと露骨に解る、これ全部同じ写真なんですよ。
Macbook に Fedora を入れても同じ傾向なのでディスプレイは関係ないな。
以前ディスプレイの調整でなんとかしようと思ったけど無駄だった。

画面が青みがかっているのは液晶パネルを写真にした時の特性かと。
M1 Mac は押さえ込んでいるな、Retina ディスプレイって凄いんだな。
目で画面を見た場合は赤色以外はそこまで気にならない、同じではないけど。

ちなみに LUMIX 本体の液晶では macOS とほぼ同じ色です。
iPhone も当然同じ、写真のプロがみんな Mac な理由がよくわかる。

2

カラープロファイルを変更とかしてみたけど意味なかった。

Intel CPU 内蔵グラを AMD や NVIDIA に変更すればマシになるかも。
いやそれ不安定になったり画面が映らなくなる場合があるのは経験済だ。
写真の色以外は何も不満が無く安定している今の環境を壊したくない。
もしやるとしても次の新規インストールの時。

てか Linux で写真のためだけにグラボ変更ってのも、ゲームしないし。
それより Mac から外部ディスプレイ出力に金を使ったほうが。
Linux でなんとかしようとか考えるのは単なる貧乏人みたいで。

写真管理や RAW 現像などの画像編集は macOS + Adobe CC で。
Python プログラミングやサーバー用途は GVFS が便利な Fedora で。
が一番だよね。

# 2022.01.03 追記
ディスプレイを変更したら解決しました。
EIZO FrexScan EV2795 | Paepoi Blog

GtkGestureSwipe on Macbook

GTK4 ページを作ろうとしていますが、進んでいない。
てゆーか GtkGestureSwipe が Macbook で動作しません。

1

そもそも Eye of GNOME にて上記が動作がしません。
ちなみに X11 でログインすると拡大や回転もできなくなります。

2

Macbook Air 2011 でも Wayland がデフォルトになります。
この状態でスワイプ以外は全部動く、やはり X11 ではズームできません。

#!/usr/bin/env python3

import gi, sys
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk

class Win(Gtk.ApplicationWindow):
    '''
        Fedora 34 on Macbook Air 2011
    '''
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app)
        # var
        self.mem_pan = -1
        # touch || mouse button
        click = Gtk.GestureClick()
        click.connect('released', self.on_gesture_click_released)
        # long press
        lpress = Gtk.GestureLongPress()
        lpress.connect('pressed', self.on_gesture_long_press_pressed)
        # pan
        pan = Gtk.GesturePan(orientation=Gtk.Orientation.VERTICAL)
        pan.connect('pan', self.on_gesture_pan)
        # swipe (no...)
        swipe = Gtk.GestureSwipe(touch_only=True)
        swipe.connect('swipe', self.on_gesture_swipe_swipe)
        # zoom
        zoom = Gtk.GestureZoom()
        zoom.connect('scale-changed', self.on_gesture_scale_change)
        #
        self.label = Gtk.Label(label='start')
        self.label.add_controller(click)
        self.label.add_controller(lpress)
        self.label.add_controller(pan)
        self.label.add_controller(swipe)
        self.label.add_controller(zoom)
        # resize
        self.set_child(self.label)
        self.set_default_size(600, 600)

    def on_gesture_pan(self, ges, direction, offset):
        if direction != self.mem_pan:
            self.mem_pan = direction
            if direction == Gtk.PanDirection.UP:
                self.label.props.label += '\npan up'
            else:
                self.label.props.label += '\npan down'

    def on_gesture_long_press_pressed(self, ges, x, y):
        self.label.props.label += '\nlong press'

    def on_gesture_click_released(self, ges, n_press, x, y):
        if n_press == 2:
            self.label.props.label += '\ndouble clicked'

    def on_gesture_swipe_swipe(self, ges, x, y):
        self.label.props.label += f'\nswipe x={round(x)} y={round(y)}'

    def on_gesture_scale_change(self, zoom, scale):
        w = round(600 * scale)
        h = round(600 * scale)
        self.set_default_size(w, h)

class App(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self)

    def do_startup(self):
        Gtk.Application.do_startup(self)
        Win(self)

    def do_activate(self):
        self.props.active_window.present()

app = App()
app.run(sys.argv)

3

ちなみに Macbook に Fedora 34 を入れた場合。
以下のトラックパッドジェスチャがデフォルト状態の GNOME 40 で可能。

三本指の上スワイプでアクティビティ画面。
もう一度同じ動作でアプリケーションランチャ。
三本指の横スワイプで仮想デスクトップの異動。
Eye of GNOME にて画像の拡大縮小と回転。

探せばジェスチャを追加できるサードパーティ拡張もあるんだけど。
上記のデフォルトとコンフリクトすると思う、試していないけど。
X11 でログインするとやはり何も動作しません。

考えてみれば二本指ジェスチャってスクロール動作と同じだし。
スワイプジェスチャと両立している macOS ってスゲェんだなって。
サーフェスとかは触ったことすら無いので知らない。

しかし本当に思う、やっぱり Macbook は macOS で使うのが一番だよ。
Fedora で使うと command と control キーの違いをどうしても間違えるし。

AuthPass

そういえば M1 Mac にパスワードマネージャを入れていなかった。
細かいことは Fedora でやるし、ではいつか困るよな。
前の Mac までは Keepass XC を入れていた。

Old mac to New mac | Paepoi Blog

ぶっちゃけ、ほとんど出番は無かった。
command+V でコピペに拘る必要もないなって感じ。
おまけに結構サイズがデカい、もっと単純でいいし。
てか、Mac の Qt アプリは Mac の動作に合わせていなくて嫌。

Windows で Keepass V1。
V2 はドットネットのウンコなので無視。
Linux に移って Qt アプリな KeepassX へ。
KeepassX が V2 になったので kdbx へ変更。
開発が止まったのでフォークした KeepassXC へ。
その時に Mac にも導入。
GNOME で Ctrl+V が使えなくなった、もう何でもいいや。

で、今 Fedora では Password Safe という GTK3 アプリを使用中。
環境と同じが一番、Mac では Cocoa にしたい。

KeePass互換のオープンソースのパスワードマネージャ・「AuthPass」 | かちびと.net

こんなの見つけた、AppStore にあるジャン。
たったの 17 MB で素敵、これでいいや。

起動して [Yes,open my passwords] を選択。
[Open Local File] から kbdx を選択。
あれ?これっていわゆるブラウザアプリですか?

authpass/authpass at master ? authpass/authpass ? GitHub

ソースを見ると Linux や Windows 版もあるのね。
macos は Swift で Cocoa だ。
linux は GtkApplication なのか。
拡張子が cc なのに思いっきり C 言語で笑える。
windows は WindowsSDK だ。
wWinMain で UNICODE 直呼びして COM 使ってる、懐かしい。

それはいいとして。
これ 2 回目の起動から指紋認証が使えるぞ!
コピーはハンバーガーメニューから選択なのがチト面倒かな。
主に確認用なんだからそれでいいか、しばらく様子見。