GTK+」タグアーカイブ

developer.gnome.org

GNOME Development

ちょっとー!
実は地味に GTK4 Python のページ作りを進めていたんだけーが。
なんか突然変わってしもーた、先週まで今までどおりだったのに。

https://developer.gnome.org/gdk4/stable/

が 404 なんですけど、API Documents はドコにいったの???
developer.gnome.org でいくら探しても見つからない。
今までのを消さなくてもいいだろうと思うんだけど。

もしかして gtk.org のほうにあるかも。

The GTK Project – A free and open-source cross-platform widget toolkit

上部の Docs を選択、API References | GTK をクリック。

Gtk ? 4.0

見つかった、ああよかった進められる。
ただ今までと違い Valadoc みたいで変な感じ。
いや今までのが決して解りやすかったとは言えないんだけど。

developer.gnome.org は方針を変えて持株会社みたいになったのか?
てか今までのがないと devhelp を使ってローカルで参照できない。
Web ドキュメントのみって結構辛いんですけど。

Gst

Fedora 34 にしてから我が Y901x がおかしい。
動画再生はできるけど画面が止まったりシークで暴走したり等々。
GTK4 に変更すれば大丈夫なのかなと軽く書き換えしてみた。

not_gtk3

どうやってもこのエラーが出てしまう、ちっとも進まない。
GTK4 に書き替えたし細かい所は例外で逃がしているはずなのに。
色々弄くり回して絶望的な原因を発見してしまった。

GtkClutter が GTK3 専用だ!

GTK4 化するには GtkClutter を使わない手段に変更するしか手が無い。
つまり丸ごと作り替えか、わーい。

とりあえず他の手段を探してみよう。

gst-plugins-bad/main.c at master ? GStreamer/gst-plugins-bad ? GitHub

gtk_widget_get_window は GTK4 で削除されている。
他サイトで GdkWindow は GdkSurface に変わったと見つかる。
Wayland では xid が得られないけど GdkWaylandSurface 指定できるようで。
どっちにせよこれらを GtkWidget から得る手段は見つからない。
GdkWayland の gir は 4.0 用しか Fedora 34 には入っていない
えっと、どうしろと。。。。。

#!/usr/bin/env python3

'''
# run of X11 
GDK_BACKEND=x11 python x11gtk3.py
'''

import gi, sys
gi.require_version('Gtk', '3.0')
gi.require_version('Gst', '1.0')
gi.require_version('GstVideo', '1.0')
from gi.repository import Gtk, Gio, Gst, GstVideo

FILENAME = 'video.mp4'

class TestWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app)
        try:
            self.video_area = Gtk.DrawingArea()
            self.add(self.video_area)
            # uri
            f = Gio.file_new_for_path(FILENAME)
            uri = f.get_uri()
            # Gst
            self.pipeline = Gst.parse_launch ('playbin')# video-sink=waylandsink')
            self.pipeline.props.uri = uri
            self.bus = self.pipeline.get_bus()
            self.bus.add_signal_watch()
            self.bus.set_sync_handler(self.bus_sync_handler)
            #
            self.video_area.realize()
            self.resize(640, 480)
            self.show_all()
            #
            self.pipeline.set_state(Gst.State.PLAYING)
        except Exception as e:
            print(f'@@@Error@@@@: ${e}', file=sys.stderr)

    def bus_sync_handler(self, bus, message):
        if GstVideo.is_video_overlay_prepare_window_handle_message (message):
            al = self.video_area.get_allocation()
            gdkwindow = self.video_area.get_window() # GTK3
            message.src.set_window_handle(gdkwindow.get_xid()) # No Wayland
            message.src.set_render_rectangle(al.x, al.y, al.width, al.height)
        return Gst.BusSyncReply.PASS

class TestApplication(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self, application_id='org.suzuki.gixxer')

    def do_activate(self):
        w = TestWindow(self)
        w.present()

Gst.init()
app = TestApplication()
app.run()

最低限を抜き出し。
GDK_BACKEND を X11 にして GTK3 を使うならコレでいいけどさ。
Wayland かつ GTK4 では手段がわかりません。

てか。

Celluloid でサイズ固定ができたらもう自作しないかも。
とか以前書いたような気がするけど、現行はできるんです。

celluloid

この一番上のチェックを外すだけ、原寸は Alt+1 でイケる。
筆者がずっと後回しにしているスマホ動画の回転も普通にやってくれる。
もうコレだけでいいジャン、みたいな。

でも何か作り続けていないと浦島太郎になるのが困る。
comipoli は逆に何も問題なく動いているので GTK4 化するの面倒。
うーんどうしよう、もう完全な野鳥ブログに変更しようかなとか。

Fedora 34 gir

PyGObject が Fedora 34 では例外になってもプロセスが続くようになった。
GTK4 だからかと思ったら GTK3 でやっても同じだった。

#!/usr/bin/env python3

import gi, sys
gi.require_version('Gtk', '3.0')
from gi.repository import Gtk

class TestWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app)
        try:
            btn = Gtk.Button(label='SUZUKI')
            btn.connect('clicked', self.on_button_clicked)
            self.label = Gtk.Label(label='Motor Cycle')
            box = Gtk.Box(orientation=Gtk.Orientation.VERTICAL)
            self.add(box)
            box.pack_start(btn, False, False, 0)
            box.pack_start(self.label, False, False, 0)
            # err
            box.pack_start(null_widget, False, False, 0)
        except Exception as e:
            print(f'@@@Error@@@@: ${e}', file=sys.stderr)

    def on_button_clicked(self, widget):
        # err
        self.label.null_func()

class TestApplication(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self, application_id='org.suzuki.sv')

    def do_activate(self):
        w = TestWindow(self)
        w.show_all()

app = TestApplication()
app.run()

ところで前回は例外を受け取っても pass するコードだった。
これだと何も出力されなくなってしまうね。
stderr に出力するようにしたらアプリを実行中でも表示される。
Gedit の外部ツールなら色が着くというおまけ付き。

この仕様変更は gir 側なのか PyGObject 独自なのか。
ということで Gjs で同じことをやってみる。

GNOME Javascript

いつのまにかこんなサイトができていたのね。
ガイドを見るとまだ GTK3 での解説だけどね。

Legacy Class Syntax | GNOME Javascript

ES6 以降でクラスにする方法が筆者がよく使っている方法に。
コレだ!って解説が無かったから動いたのを書いていただけですが。
こういうサイトがこう書いてくれると以後安心して書けますね。

ただ、PyGObject と比べるとちょっと面倒臭いよね。
ただでさえ let と new とセミコロンとブレースが面倒なのに。
それはいいとして、とっとと上記を GTK4 で Gjs に書き換え。

#!/usr/bin/gjs

imports.gi.versions.Gtk = '4.0';
const {GObject, Gtk} = imports.gi;

var TestWindow = GObject.registerClass({
    GTypeName: 'TestWindow'
}, class TestWindow extends Gtk.ApplicationWindow {
    _init(app) {
        super._init({
            application: app
        });
        try {
            let btn = new Gtk.Button({label: 'SUZUKI'});
            btn.connect('clicked', ()=> {
                // err
                this.label.null_func();
            });
            this.label = new Gtk.Label({label: 'Motor Cycle'});
            let box = new Gtk.Box({orientation: Gtk.Orientation.VERTICAL});
            this.set_child(box);
            box.append(btn);
            box.append(this.label);
            // err
            box.append(null_widget);
        } catch(e) {
            printerr(`@@@Error@@@@: ${e.message}`);
        }
    }
});

var TestApplication = GObject.registerClass({
    GTypeName: 'TestApplication'
}, class TestApplication extends Gtk.Application {
    _init() {
        super._init({
            application_id: 'org.suzuki.bandit'
        });
    }
    vfunc_activate() {
        let w = new TestWindow(this);
        w.present();
    }
});

let app = new TestApplication();
app.run(null);

gjs_gedit4

うん完全に同じだ、gir 側の仕様変更だったようです。
プロセスの終了を待たずに printf debug ができるのは嬉しいね。

Fedora 34 etc…

Fedora 34 をしばらく使ってみて。

ibus-anthy には困った。
変換候補のページ切り替えで PageDown が動作しない。
設定を見るとキチンと指定されているのだが。

Fedora 側の不具合なのかと試しに ibus-kkc を入れてみる。
kana kanji って奴、Fedora 33 までのデフォルトインプットメソッド。

設定で切り替えようとしたら出てこない、なんでや!
dconf-editor で org.gnome.desktop.input-sources に自力追加。

[('xkb', 'us'), ('ibus', 'anthy'), ('ibus', 'kkc')]

それでも切り替えできない、まじでなんでや!
もしかしてと再起動、普通に切り替えできるようになった。
てか入れた後で再起動すれば多分 GUI で設定できたんだろうな。

まあいい切り替え、普通に PageDown が使えるや。
つまり anthy だめだこりゃ、削除して kkc にします。
相変わらず初期状態はバカだなぁ、そのうち学習するからいいけど。

それと先日 Gedit プラグイン更新分の配布のためアーカイブした。
そのとき気が付く、file-roller が無くなっていたのね。
今は Nautilus にアーカイブ機能があるからだろうね、ショボいけど。
筆者は必須だから入れる、おいらは tar.gz と cbz を作りたいんや。

それと make は今回は最初から入っていた。
gcc があって make が無いとか変だったもんね。

それと Gedit から PyGObject のアプリを起動の件。
__init__ で例外になった時に勝手に死んでくれなくなっている。
でもシグナルの例外等は即時 stdout に表示されるようになった。
つまりどこでどう例外になってもプロセスは続くということね。
どうにか present させれば後はなんとかなるかも。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk

class TestWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app)
        try:
            btn = Gtk.Button(label='SUZUKI')
            btn.connect('clicked', self.on_button_clicked)
            self.label = Gtk.Label(label='Motor Cycle')
            box = Gtk.Box(orientation=Gtk.Orientation.VERTICAL)
            self.set_child(box)
            box.append(btn)
            box.append(self.label)
            # err
            box.append(null_widget)
        except Exception as e:
            pass

    def on_button_clicked(self, widget):
        self.label.null_func()

class TestApplication(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self, application_id='org.suzuki.sv')

    def do_activate(self):
        w = TestWindow(self)
        w.present()

app = TestApplication()
app.run()

うん、これなら例外になってもどうにでもできるぞ。
もっといい方法があるかもしれないのでとりあえずということで。

GtkVideo and GtkPicture

GTK4 には GtkVideo というものが追加された。
早速試してみよう、使えるなら Y901x をコレにしよう。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk, Gio

FILENAME = '[ヤマガラ] セミうめぇ.mp4'

class TestWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app, title=FILENAME)
        #
        f = Gio.file_new_for_path(FILENAME)
        video = Gtk.Video(file=f)
        self.set_child(video)
        self.set_default_size(960, 540)
        self.present()

class TestApplication(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self, application_id='org.suzuki.address')

    def do_activate(self):
        TestWindow(self)

app = TestApplication()
app.run()

semiumee

なんとまあ、ボタン類やシークバーまで付属なのね。
しかもマウスオーバーで上に被さるオーバーレイタイプだぞ。
これを非表示にするプロパティは無いのか、なんじゃそりゃ。

それとなんというか、WPF の MediaElement みたいなものだね。
デコーダーを入れ Totem で再生できるメディアが再生可能。
動画の元サイズやアスペクト比情報をコイツから得ることはできない。
スマホの縦動画を回転してくれるみたいなことなんてしない。

ダメだこりゃ、使い物にならない。

せっかくなので GtkPicture も試してみる。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk, Gio

FILENAME = 'cbr01.jpg'

class TestWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app, title=FILENAME)
        #
        f = Gio.file_new_for_path(FILENAME)
        pic = Gtk.Picture(file=f)
        self.set_child(pic)
        self.set_default_size(500, 300)
        self.present()

class TestApplication(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self, application_id='org.suzuki.burgman')

    def do_activate(self):
        TestWindow(self)

app = TestApplication()
app.run()

cbr

やはりスマホの縦写真を回転してくれない。
Nautilus のサムネイル等どんな環境でも縦に表示されるけどさ。
アレはアプリが Exif 情報を見て回転表示しているんだからね。

しかもコレら、回転表示させるプロパティすら無いのかよ。
スマホ全盛期にこんなウイジェットを出されてもなぁ、って感じ。