GTK+」タグアーカイブ

GTK4: TextView

Fedora 36 には adwaita-1-demo が最初から入っていると以前書いた。
GTK Demo(gtk4-demo) は gnome-softwere から入手できるので入れてみる。

demo

なんか勝手に 4 ヶも入ってしまったけどまあいい。
こっちはソースが直接見られるので解りやすいですね。

demo

TextView は文字列中に Widget を入れることができるのか。
よし PyGObject でやってみよう。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk

class Win(Gtk.ApplicationWindow):
    '''
        GTK4: TextView in Button
    '''
    def __init__(self, a):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=a)
        # Button
        button = Gtk.Button(label='Button')
        button.connect('clicked', self.on_button_clicked)
        # TextView
        self.view = Gtk.TextView()
        buf = self.view.get_buffer()
        it = buf.get_start_iter()
        buf.insert(it, 'This')
        anchor = buf.create_child_anchor(it)
        self.view.add_child_at_anchor(button, anchor)
        buf.insert(it, 'click!')
        # pack
        sw = Gtk.ScrolledWindow()
        sw.set_child(self.view)
        self.set_child(sw)
        self.set_default_size(400, 300)

    def on_button_clicked(self, button):
        with open(__file__) as f:
            s = f.read()
            self.view.props.buffer.set_text(s)

def app_activate(a):
    w = Win(a)
    w.present()

app = Gtk.Application()
app.connect('activate', app_activate)
app.run()

demo

マジでできた、必要性は疑問だけど。
他 tag の利用方法なんかもコレで解るね。
GTK4 はこんな感じで勉強すればいいと思います。

ところで SVG エディタなんだけど。
Vectornator という Mac のアプリを使うことにしました。
M1 Mac なのに Raw 現像専用じゃもったいない。

GTK4: Clipboard

ビックリ、Fedora 36 に何故か Python2 が入っていた!

gimp

Gimp にくっ付いてきたのか、PyGtk まで。
てか Gimp で使う Python って 2 のままなのかよ。

そりゃ Gimp 自体が GTK2 だし。
GTK って今は GNU Tool Kit という意味だし。
もしかして開発止まっている?
別の SVG エディタを探すか、mac で探したほうがいいような。

ということで平日は軽く GTK4 でクリップボード。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk, Gdk

class Win(Gtk.ApplicationWindow):
    '''
        GTK4: Clipboard Copy and Peast
    '''
    def __init__(self, a):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=a)
        # Copy Button
        cbutton = Gtk.Button(label='Copy')
        cbutton.connect('clicked', self.on_button_c_clicked)
        # Paste Button
        pbutton = Gtk.Button(label='Paste')
        pbutton.connect('clicked', self.on_button_p_clicked)
        # Entry
        self.entry = Gtk.Entry()
        #pack
        box = Gtk.Box(orientation=Gtk.Orientation.VERTICAL)
        box.append(cbutton)
        box.append(pbutton)
        box.append(self.entry)
        self.set_child(box)

    def on_button_c_clicked(self, button):
        # entry text
        text = self.entry.get_buffer().get_text()
        clipboard = button.get_clipboard()
        clipboard.set(text)

    def on_button_p_clicked(self, button):
        clipboard = button.get_clipboard()
        clipboard.read_text_async(None, self.on_read_text_async)

    def on_read_text_async(self, clipboard, res):
        text = clipboard.read_text_finish(res)
        self.entry.get_buffer().set_text(text, -1)

def app_activate(a):
    w = Win(a)
    w.present()

app = Gtk.Application()
app.connect('activate', app_activate)
app.run()

文字列以外はあまり使わないと思うので文字列特化。

最初 init で文字列を入れようとしたけど全然駄目だった。
クリップボードは init を抜けてから操作しましょう。

GtkClipboard が GdkClipboard に代わっているけど GTK3 とほぼ同じ。
get_clipboard はどの Widget でもいいみたい、変な感じだけど。
set_text がバインドされていなくて戸惑うけど実はコレでいい。
読み込みは非同期にしないと上手くいかないみたい。

WordPress が 6.0 になった動作確認書き込みでした。

GNOME Adw

GNOME には GTK+ だけでなく Adw というものもあります。

Adw ? 1

モダンな GNOME アプリを作る GTK4 ベースな部品だそうです。
Fedora 36 にはデモアプリが最初から入っています、以下のコマンドで。

$ adwaita-1-demo

adw_demo

この demo のソースは以下にあります。

demo ? main ? GNOME / libadwaita ? GitLab

他にサンプルコードが以下にありました。

examples ? 2bf94101 ? GNOME / libadwaita ? GitLab

かなーり解り辛いです、Linux はこんなもんです。
細かいことはリンク先のソースや英語を読んでもらうとして。

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
gi.require_version('Adw', '1')
from gi.repository import Gtk, Adw

class Win(Adw.ApplicationWindow):
    '''
        Adw: Sample Code
    '''
    def __init__(self, a):
        # Set Adwaita Style
        manager = Adw.StyleManager.get_default()
        manager.set_color_scheme(Adw.ColorScheme.DEFAULT)
        # init
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=a)
        # TitleBar
        titlebar = Adw.HeaderBar()
        # Tab
        view = Adw.TabView()
        tabbar = Adw.TabBar(view=view, autohide=False)
        # First Page
        label = Gtk.Label(label='First Page\nPress Alt+2')
        page1 = view.append(label)
        page1.set_title('tab1')
        # Second Page
        button = Gtk.Button(label='This is Button\nShow Toast', vexpand=True, halign=Gtk.Align.START)
        button.connect('clicked', self.on_button_clicked)
        page2 = view.append(button)
        page2.set_title('tab2')
        # Toast
        self.toast = Adw.ToastOverlay(child=view)
        # pack
        box = Gtk.Box(orientation=Gtk.Orientation.VERTICAL)
        box.append(titlebar)
        box.append(tabbar)
        box.append(self.toast)
        self.set_content(box)
        self.set_default_size(400, 300)

    def on_button_clicked(self, button):
        toast = Adw.Toast(title='This is a Toast Message')#, priority=Adw.ToastPriority.HIGH, timeout=0)
        self.toast.add_toast(toast)

def app_activate(a):
    w = Win(a)
    w.present()

app = Gtk.Application()
app.connect('activate', app_activate)
app.run()

色々試してみました。

adw

まず Adw.StyleManager で DEFAULT を指定します。
無くても動きますがコレをやらないとこの見た目にはなりません。

AdwWindow という GtkWindow のサブクラスがあります。
なんとタイトルバーがありません、set_titlebar 関数すら省かれている。
GtkBox と AdwHeaderBar を使えばタイトルバーは再現できるようです。
GtkHeaderBar を入れても普通に動きます。

部品設置には set_child ではなく set_content を使います。
普通に GtkWidget が配置できます、何故関数名を変えたのか解りません。
正直、存在意義がよく解らないけど理由があるんだろうなって。

Adw.TabView

AdwTabView は設置しただけでリンク先のショートカットが有効になる。
便利だけれど AdwTabBar を配置すると Ctrl+PageDown は動作しなかった。
いや普通 Alt+数値キーですよね、Google Chrome や Gedit もそうですし。

Adw.Toast

GtkOverLay を駆使するより簡単にアプリ内 Notify が可能です。
Adw.StyleManager を指定しないと背景が無い残念な Notify になる。
これは便利ですね、ただ Nautilus のように上から出せないのかな?

これ以外は demo をご覧ください。
サンプルコードはこの demo くらいしかありませんでした。

Comipoli 0.5.0

Comipoli GTK4 版を公開しました。
Linux アプリケーション – Paepoi

アイコンがどうしても設定できず丸一日使った。
application_id と desktop ファイルと SVG アイコンの名前。
コレらの名前は完全に同じにしないと適用されないってことらしい。
そうしないとアプリ名も application_id で表示されるという。

SVG を作るために超久々に Gimp を使った、何年ぶりだろう?
大きいほうは下記を使って手抜きした、いや小さいほうも手抜きだが。
PNG to SVG ? PNGファイルをネット上でSVGに変換する

ss

新しいスクリーンショットはアクティブオーバービューでも使えるぞ!
ほんの出来心で PrintScreen を押したらできてビックリ。

それと関係ないかもだが、Fedora 36 はデフォルト状態で rar を展開できるぞ!
unrar を入れていないのに cbr のサムネイルが表示されてビックリした。
事実ドキュメントビューアーで観覧できる、どうやっているんだ?
いや rar 圧縮はできないんですけど、でも探せば API はあるかも。

そんなことよりコレだ!

new_window

この「新しいウィンドウで開く」がどうしても実装できない。
GTK3 では desktop ファイルに書き込むんだけど同じようにしても出てこない。
事実 gnome-text-editor の desktop には Actions キーなんて無いし。
まだ調べるけど今回は「今後の課題」ということで。

このアプリケーションメニューで複数ウインドウからの選択ができるんだけど。
コレは GtkWindow.props.title を設定すれば自動でやってくれる。

appmenu

HeaderBar を使っていても title プロパティは変更しようね。

後は、Comipoli のソースを見てください。
Y901 シリーズは公開終了、今度は mpv の拡張スクリプトでもまとめるかな。

Fedora 36 Install

Fedora 36 が出ました。
早速 SSD を交換してインストール、今までと同じです。
初期状態を確認したいだけです、新規にする必要はないとは言わないで。

Nautilus のアイコンが青色ベースに変わっている。
でもメニューを見ると GTK3 のままなのか。
F10 でロケーションバーがドロップダウンに、何この挙動?

Gedit は無くなり gnome-text-editor に代わった。
メニューが日本語翻訳され設定が別ウインドウに変更されました。
でもスニペットや外部ツールてかプラグインは使えません。
コレについては後日色々と、筆者は Gedit を入れますけど。

設定は GTK4 化されていますね。
あと gnome-softwere 等の gnome-*** な純正アプリは。
eog 等の半純正は GTK3 のままみたい、GTK3 の時と違って慎重のようで。

そんなことよりコレですよね。

2022.05.22 修正

#!/usr/bin/env python3

import gi
gi.require_version('Gtk', '4.0')
from gi.repository import Gtk

a = Gtk.get_major_version()
b = Gtk.get_minor_version()
c = Gtk.get_micro_version()
print(f'GTK+ version {a}.{b}.{c}')

'''
# Fedora 35
GTK+ version 4.4.2

# Fedora 36
GTK+ version 4.6.2
'''

マイナーバージョンだけかよ。
でもコレはイケるかな?

python 3.x – Drag and drop with GTK4: connecting DragSource and DropTarget via ContentProvider for derived classes – Stack Overflow

#!/usr/bin/env python3

# https://stackoverflow.com/questions/70921068/drag-and-drop-with-gtk4-connecting-dragsource-and-droptarget-via-contentprovide
# GDK_TYPE_FILE_LIST
 
import gi, sys
gi.require_version('Gtk', '4.0')
gi.require_version('Gdk', '4.0')
from gi.repository import Gtk, Gio, Gdk, GObject

class Win(Gtk.ApplicationWindow):
    '''
        GtkGestureDrag Sample Code
    '''
    def __init__(self, app):
        try:
            Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app, title='Drop FIle')
            drop_target = Gtk.DropTarget.new(Gdk.FileList, Gdk.DragAction.COPY)
            drop_target.connect('drop', self.on_file_drop)
            drop_target.connect('accept', self.on_drop_accept)
            self.add_controller(drop_target)
            #
            self.label = Gtk.Label(label='Please drop the file')
            self.set_child(self.label)
        except Exception as e:
            print(e, file=sys.stderr)
            app.quit()

    def on_drop_accept(self, target, drop):
        return True

    def on_file_drop(self, target, value, x, y):
        l = []
        for gfile in value.get_files():
            l.append(gfile.get_path())
        self.label.set_text('\n'.join(l))

def app_activate(a):
    w = Win(a)
    w.present()

app = Gtk.Application()
app.connect('activate', app_activate)
app.run()

fedora36_dnd

gir でファイルドロップができるようになりました。

てかコレで気がついたけど gnome-screenshot が無くなっている。
代わりに Print Screen で範囲指定スクリーンショットが可能になった。
「~/画像/スクリーンショット」に保存される、いや OS 統合はいいと思う。
macOS だってそうなのだから、ね。

HDD マウント等でパスワード画面になると ibus が落ちて日本語が入力不能に。
時々再起動に失敗し電源ボタン長押しで強制終了。
いやー久々に細かい所が不安定だ、何故か喜んでいる筆者であった。

そうだ手動アップデートしなきゃ、イッパイあった。
夜勤準備でもう寝ます、続きは明日にでも。