GTK+」タグアーカイブ

GExiv2 and subprocess

前回の GExiv2 の件。
comipoli に実装しようとしてハマったので覚書。

GSubprocess から GUnixInputStream を得て GExiv2 に読ませる。
その GUnixInputStream からは GdkPixbuf を作ることができない。
順番を逆にしても駄目、Stream の再利用はできないみたい。

他の手段で GExiv2 を使おうと思ったけど上手くいかない。
他の手段で GdkPixbuf を得ることは無理。
exif 取得と画像取得で別にアクセスするしかないようだ。
遅くなるだろうけど気にならないレベルならいいかなって。

しかし GSubprocess をもう一つ使をうとするもエラー。
原因は解らない、GSubprocess の情報なんて皆無だ。

失敗をズラズラ書いても無意味なので結論。
GSubprocess と subprocess を両方使う強行手段でなんとかなった。

class ComipoliArchive:
    def __init__(self):
    	# etc...

    def _zip_escape(self, filename):
        ESCAPE = '[]*?!^-\\'
        res = ''
        for s in filename:
            if s in ESCAPE:
                res += '\\'
            res += s
        return res

    def _on_wait(self, proc, res):
        proc.wait_check_finish(res)

    def __getitem__(self, num):
        if num == self.max:
            raise IndexError
        try:
            args = ['unzip', '-pj', self.path, self._zip_escape(self.namelist[num])]
            # tag
            ori = 0
            pr = subprocess.Popen(args, encoding='UTF-8', stdout=subprocess.PIPE, stderr=subprocess.PIPE)
            fd = pr.stdout.fileno()
            with open(fd, 'rb') as f:
                metadata = GExiv2.Metadata()
                metadata.open_buf(f.read())
                ori = metadata.get_orientation()
            pr.wait()
            # pixbuf
            sp = Gio.Subprocess.new(args, Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE | Gio.SubprocessFlags.STDERR_MERGE)
            sp.wait_check_async(None, self._on_wait)
            stream = sp.get_stdout_pipe()
            p = GdkPixbuf.Pixbuf.new_from_stream(stream)
            if ori == GExiv2.Orientation.HFLIP:
                p = p.flip(True)
            elif ori == GExiv2.Orientation.ROT_180:
                p = p.rotate_simple(GdkPixbuf.PixbufRotation.UPSIDEDOWN)
            elif ori == GExiv2.Orientation.VFLIP:
                p = p.flip(False)
            elif ori == GExiv2.Orientation.ROT_90_HFLIP:
                p = p.rotate_simple(GdkPixbuf.PixbufRotation.CLOCKWISE).flip(True)
            elif ori == GExiv2.Orientation.ROT_90:
                p = p.rotate_simple(GdkPixbuf.PixbufRotation.CLOCKWISE)
            elif ori == GExiv2.Orientation.ROT_90_VFLIP:
                p = p.rotate_simple(GdkPixbuf.PixbufRotation.CLOCKWISE).flip(False)
            elif ori == GExiv2.Orientation.ROT_270:
                p = p.rotate_simple(GdkPixbuf.PixbufRotation.COUNTERCLOCKWISE)
            stream.close()
            sp.force_exit()
            return p
        except Exception as e:
            raise e

前回の cbz を開いてみる。

orientation

よし回転されているな。
注意点は ROT_90 は 90 度傾いているから 270 度回転させるということ。
戻す度数という意味ではない、flip は手持ちサンプルが無いのでこれで正しいか未確認。
後 Popen は wait を忘れずに。

Scaling: GDK-PixBuf Reference Manual

展開速度も別に気にならない、てか何か変わったか?のレベル。
多分 GExiv2 が凄いだけなんだろうけど。

GExiv2

Nautilus のサムネイルはスマホの縦画像は縦に表示される。
けれど cbz にアーカイブすると横向きになってしまうようだ。

orientation1

iPhoneからアップロードしたJPEG写真が横向きになる問題(EXIF, Orientation) – Qiita

つまりスマホで撮影した写真は実は全部横向き。
EXIF 情報によりアプリ側が縦表示等に回転しているというだけの話。
アプリ側がそういう処理をしていないとそのまま表示される。

回転情報を得るにはこの EXIF 情報を得る必要がある。
GNOME は Exiv2 というライブラリがあり GExiv2 が GIR で提供されている。

Exiv2 – Image metadata library and tools

ghiro/gexiv.py at master ? Ghirensics/ghiro ? GitHub

GExiv2.Metadata – Classes – GExiv2 0.10

コレを参考に cbz アーカイブ内の画像からも取得してみる。

#!/usr/bin/env python3

import os, gi
gi.require_version('GExiv2', '0.10')
from gi.repository import GExiv2, Gio

FILENAME1 = os.path.expanduser('~/pic/exiv/IMG_0182.JPG')
FILENAME2 = os.path.expanduser('~/pic/exiv/cbz.cbz')

# filename
metadata = GExiv2.Metadata()
metadata.open_path(FILENAME1)
n = metadata.get_orientation()
print(n)

# cbz
cmd_array = ['unzip', '-pj', FILENAME2, 'IMG_0182.JPG']
sp = Gio.Subprocess.new(cmd_array, Gio.SubprocessFlags.STDOUT_PIPE | Gio.SubprocessFlags.STDERR_MERGE)
stream = sp.get_stdout_pipe() # GUnixInputStream
fd = stream.get_fd()
with open(fd, 'rb') as f:
    metadata2 = GExiv2.Metadata()
    metadata2.open_buf(f.read())
    n = metadata2.get_orientation()
    print(n)

orientation2

GIR でアーカイブ内のバイナリ指定は迷ったけど上記でイケた。
Python の open ってファイルディスクリプタ指定でもイケるんだ。
GSubprocess を使ったけど subprocess モジュールでも同じだと思う。
で、とにかく値を得たら

gdk_pixbuf_rotate_simple
gdk_pixbuf_flip

で回転やフリップすればスマホ写真には対応できる。
ただ、この処理が cbz ビューアに必要かどうかは微妙。

GNOME 3.34 modal dialog bug

Fedora 31 の GNOME 3.34 にて。
Gedit でファイルの編集中にする。
F11 でフルスクリーンにする。
Ctrl+W でファイルを閉じようとして modal なアラートを出す。

何じゃこりゃ。

逆にフルスクリーンから戻すともっと悲惨。

自作アプリの Comipoli でファイル切り替えの動作が変だった。
モーダルダイアログを出すと一瞬だけ先頭ページが表示される現象に悩まされた。
これが原因じゃねーか、三日も悩んで損した。

GNOME だから 3.36 になるまでこのままなんだろうな。
しかたがないので Comipoli はしばらく GtkInfoBar に切り替えることに。

モーダルにできないのでキーボード処理は表示時のみ専用ハンドラに逃がして。
何故か use_markup が使えない、文字列だけにするしかないみたい。
gtk_info_bar_set_default_response が何故かエラーになる、困った。
スペースキーをガシガシするだけの特徴は残したいけど自前処理しか手段が無いな。
困った時の g_idle_add だ、この関数マジ便利。

#!/usr/bin/env python3

from gi.repository import GLib, Gtk

class ComipoliInfoBar (Gtk.InfoBar):
    def __init__(self):
        Gtk.InfoBar.__init__(self, no_show_all=True, valign=Gtk.Align.START)
        #
        self.uri = ''
        self.label = Gtk.Label(visible=True)
        area = self.get_content_area()
        area.add(self.label)
        self.ok = self.add_button('_OK', Gtk.ResponseType.OK)
        self.add_button('_Cancel', Gtk.ResponseType.CANCEL)

    def show_message(self, text, uri):
        self.uri = uri
        self.label.set_text(f'Next\n{text}\n\nEsc Cancel')
        GLib.idle_add(self._show_message)

    def _show_message(self):
        self.show()
        self.ok.props.has_focus = True
        return False

を GtkOverlay に乗せて。

class ComipoliWindow(Gtk.ApplicationWindow):
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app)
        # InfoBar
        self.infobar = ComipoliInfoBar()
        self.infobar.connect('response', self.on_next_info)
        #
        # etc...
        #
        overlay = Gtk.Overlay()
        infolay = Gtk.Overlay()
        overlay.add_overlay(self.upperbar)
        overlay.add(infolay)
        infolay.add_overlay(self.infobar)
        infolay.add(self.canvas)
        self.add(overlay)

    def on_next_info(self, widget, res_id):
        if res_id == Gtk.ResponseType.OK:
            self.set_uri(widget.uri)
        widget.hide()

    def change_pixbuf(self, nex):
		#
		# etc...
		#
        next_index = cbzs.index(etc) + 1
        if l > next_index:
            esc = html.escape(cbzs[next_index])
            uri = GLib.filename_to_uri(GLib.build_filenamev([path, cbzs[next_index]]), None)
            self.infobar.show_message(esc, uri)
            ''' GNOME 3.34 bug
            dlg = Gtk.MessageDialog(
                transient_for=self,
                buttons=Gtk.ButtonsType.OK_CANCEL,
                #message_type=Gtk.MessageType.QUESTION,
                text=f'<span bgcolor="red">Next:</span> {esc}',
                use_markup=True,
                secondary_text='ESC Cancel')
            dlg.set_default_response(Gtk.ResponseType.OK)
            if dlg.run() == Gtk.ResponseType.OK:
                uri = GLib.filename_to_uri(GLib.build_filenamev([path, cbzs[next_index]]), None)
                self.set_uri(uri)
            dlg.destroy()
            '''

で。

なんとかなった。
もう少し debug してから更新します。

Wayland screenshot

gtk_drag_dest_add_image_targets は思っていたのと違った。
選択範囲の移動とかみたいなものかと思ったけどそれ cairo の仕事や。
結局使い道はワカランまんま、他を追記したのでそれでよしということで。

問題はそれより下の項目に多過ぎだった。
動画プレイヤーを作るは Wayland では動かないし。
仮想端末エミュレーターはバインドが以前のままで新しい API が使えないし。
スクリーン情報を得るに書いた関数は全部 deprecated だし。
スクリーンショットを保存も Wayland で動かない。
もういや!

スクリーンショットは gnome-screenshot のソースを見ればいいか。

gnome-screenshot で検索、っておいサルブンツども。
「使い方」とかの誰でも解るしょーもないページを大量生産するなよ。。。。。
Google も公式サイトを一番上にしてほしい、サルブンツのはページランクゼロでいいよ。
gnome-screenshot github で検索やりなおし。

gnome-screenshot/screenshot-utils.c at master ? GNOME/gnome-screenshot ? GitHub

Gnome-Shell の機能を DBus で呼び出しているっぽい。
DBus ならメインループがいるな。
Window を作らなければ GApplication は勝手に終了する手法は使えるかな?

#!/usr/bin/env python3

from gi.repository import GLib, Gio

FILENAME = f'{GLib.get_home_dir()}/screenshot_2.png'

class App(Gio.Application):
    '''
        use mainloop
        Since there is no window, it ends as it is.
    '''
    def __init__(self):
        Gio.Application.__init__(self)

    def do_startup(self):
        Gio.Application.do_startup(self)
        #
        connection = self.get_dbus_connection()
        connection.call_sync(
            'org.gnome.Shell.Screenshot',
            '/org/gnome/Shell/Screenshot',
            'org.gnome.Shell.Screenshot',
            'Screenshot',
            GLib.Variant('(bbs)', (False, True, FILENAME)),
            None, 0, -1)

    def do_activate(self):
        pass

app = App()
app.run()

できた!
って、でもコレじゃ gnome-screenshot を使えでいいじゃん。
Gnome-Shell 以外で動くのかもよく解らないし。
そもそもコレ Gdk じゃないし、うーん色々困ったことに。

UTF8_STRING

PyGObject Tips 書き直しもやっと最後の項目になった。
そのドラッグアンドドロップについてチマチマ調べている。

とりあえず文字列のドロップを追加することに、したんだけど。
ようするに Gedit 等で文字列選択してドラッグしたもののことね。
下記コメントアウトが昔書いたやり方です。

#!/usr/bin/env python3

import sys, gi
gi.require_version('Gtk', '3.0')
from gi.repository import Gtk, GLib#, Gdk

class Win(Gtk.ApplicationWindow):
    '''
        TreeView
    '''
    def __init__(self, app):
        Gtk.ApplicationWindow.__init__(self, application=app, title='Py')
        # DnD
        '''
        uri = Gtk.TargetEntry.new('text/uri-list', 0, 0)
        plain = Gtk.TargetEntry.new('text/plain', 0, 0)
        self.drag_dest_set(
                Gtk.DestDefaults.MOTION |
                Gtk.DestDefaults.HIGHLIGHT |
                Gtk.DestDefaults.DROP,
                [uri, plain],
                Gdk.DragAction.COPY )
        '''
        self.drag_dest_add_uri_targets()
        self.drag_dest_add_text_targets()
        ###self.drag_dest_add_image_targets()
        #
        self.label = Gtk.Label(label='Please drop your files')
        self.add(self.label)
        self.show_all()

    def do_drag_data_received(self, context, x, y, data, info, time):
        '''
            data: GtkSelectionData
        '''
        #print(data.targets_include_text()) # All False
        name = data.get_data_type().name()
        self.props.title = name
        #if name == 'text/plain':
        if name == 'UTF8_STRING':
            s = data.get_text()
            self.label.set_text(s)
        elif name == 'text/uri-list':
            uris = data.get_uris()
            l = []
            for uri in uris:
                fn = GLib.filename_from_uri(uri)[0]
                l.append(GLib.path_get_basename(fn))
            self.label.set_text('\n'.join(l))
        else:
            self.label.set_text(name)

class App(Gtk.Application):
    def __init__(self):
        Gtk.Application.__init__(self)

    def do_startup(self):
        Gtk.Application.do_startup(self)
        Win(self)

    def do_activate(self):
        self.props.active_window.present()

app = App()
app.run(sys.argv)

えぇ。。。
gtk_drag_dest_add_text_targets を指定するだけだった。
てか UTF8_STRING という ContentType があったんだ、知らなかった。
新しいのかと思ったら GTK+2.6 からみたい、何故知らなかったんだ俺!

gtk_selection_data_targets_include_text は何をやっても False だ。
上記手段で判別はできるけど、この関数っていったい何なんだろう?

gtk_drag_dest_add_image_targets は簡単に試す手段が無かった。
だいたい使い方は解るので Tips ページを作る時に。
今週こそ終わらせなきゃ、おかげで mac 関連が完全に止まっているし。
macOS がバージョンアップする前にさわっておきたい。