タグ別アーカイブ: minipoli

minipoli 1.6.0 64bit 版追加

遅ればせながら minipoli に 64bit 版を追加しました。
ついでに x64 用 msi 設定プロジェクトのバックアップを兼ねている。

追加機能無し、32bit 版のままでも WOW64 で問題なく動くんだけど…

C:\Program Files (x86)

にどうしてもインストーラで入れたく無かったんだよ!

x64 用 msi インストーラを作ったのでキチンと Program Files に入ります。
SeeMe は勝手に 64bit で動くけどインストーラはどうしよう?

つか x64 Windows 7 を使っているのだから 64bit アプリをなるべく使いたい。
今の状況で 32bit のまま Windows 7 対応なんて言ったら笑われそうだし。

とにかくコレで Acer Aspire 1410 に minipoli を入れる場合の不満は無くなった。
IronPython コード書きはマジにコイツでやっているので自分でコレが必要なのよ。
x64 Windows マシンを早めに買って良かった、64bit アプリ開発が少し楽しい。

ちなみに Aspire 1410 での動画再生は WMP12 と VLC です(ぉい!
てか動画はほとんど Mandriva Linux で見ているし…
リポジトリからデコーダー導入可能な GStreamer のほうが DirectShow より便利だよ。

ついでに。
以前書いたが Mandriva Linux から VirtualBox ose 上に 32bit Vista を入れている。
それに Visual Studio 2008 を入れて C++ 開発はそれでやっているのだが。

Vista_HDD

一応テキスト編集用に秀丸、アーカイブ作成用に ExpLZH だけは入れた状態。
でコレだよ、Opera すら入れていないのにタマランわ。
コイツからは多分 MSDN しか見ないので IE のほうが都合がいい。

Cryptic Specifications as Google

shword

マジで Google のボットやデータベース開発者の意図がワカラン。
少なくとも日本人なら誰も検索しないような単語での結果を無謀にも先取り…の結果かな?
cjk 出身の中の人さん、もっとガンバってくださいよ。

あ、minipoli は Windows 7 でイケましたよ。
と、翻訳に苦しみそうな行で意図的に書くのは私のイケナイ部分です。

minipoli v1.6.0

minipoli を約一年ぶりに更新しました

minipoli ヘルプ – L’Isola di Niente

インストーラは結局 orca での方法で、まあいいや。
実はまだ Windows 7 RC でのインストールチェックはしていないけど大丈夫だろう。
明日 Ubuntu に一端戻すのでそのときに VirtualBox で。

よしよし、これで Windows 7 が出ても安心だ(Cinema は???
とはいえ何も新機能を付けないで更新は変なので

「単なるクリップボードコピー」

というフザけたコマンドを思いついて入れてみた。
きっと何かに使えるだろう(それだけカヨ!

というか minipoli って実はソースコードのほうが重要だったり。
実行ファイルとソースのダウンロード数があまり違わないのはコレだけという現実。
本当に皆さんこんなのから始めてくださいよ。

ということで関数のキャメルケースに統一や変数名の変更なんかをやっておいた。
全置換しただけなんだけど…

ということで、そういえば当時ライバル視していた ○lipName は?
一年ぶりにサイトを覗いたら相変わらず地味過ぎる更新をしまくっていて吹いた。
このスクリプトや Web アプリばかりになった時代にこういう人もいるんだなぁ。