タグ別アーカイブ: Gedit

Gedit RepeatLine Plugin

筆者は macOS で Visual Studio Code を使っている。
しかし Fedora では Gedit を使い続けている。
Fedora でも併用しようと考えたけど結局 Gedit しか使わない。

しかし Visual Studio Code には便利すぎる機能がある。
opthon(alt)+shift+down で行の複製ができる、これが超スバラシイ。

fn+left
shift+fn+right
command+c
fn+right
return
command+v

とやっていたことを一発だ、よく使うんだな行の複製って。
ちなみに fn の所は TextEdit.app 同様に command でもいい。
筆者は US 配列なので fn のほうが楽だということで。

てか mac の日本語キーボードは何故 fn が右なのか、マジで糞。
US 配列を店頭でも普通に買えるようにしてくれないかなぁ。
それは今は関係なくて。

Gedit でも同じことがやりたいぞ。
ということで Plugin を探し、、、じゃなくて作る!
何年ぶりの新規プラグイン作りだろう、ワクワク。

#-*- coding:utf-8 -*-

#    Gedit repeat plugin version 3.22.0
#    Copyright © 2018 sasakima-nao <sasakimanao@gmail.com>
#
#    This program is free software; you can redistribute it and/or modify
#    it under the terms of the GNU General Public License as published by
#    the Free Software Foundation; _endher version 2 of the License, or
#    (at your option) any later version.

import gi, os
gi.require_version("Gtk", "3.0")
gi.require_version("Gedit", "3.0")
gi.require_version("Peas", "1.0")

from gi.repository import GObject, Gedit, Gtk, Gio, GLib

class RepeatLineAppActivatable(GObject.Object, Gedit.AppActivatable):
    """
        Set GMenu and Accelerator
    """
    app = GObject.Property(type=Gedit.App)
 
    def __init__(self):
        GObject.Object.__init__(self)
 
    def do_activate(self):
        # "<Alt><Shift>Down" Not Work
        self.app.add_accelerator("<Alt><Shift>d", "win.repeatline", None)
        self.menu_ext = self.extend_menu("tools-section")
        item = Gio.MenuItem.new("Repeat Line",  "win.repeatline")
        self.menu_ext.append_menu_item(item)
 
    def do_deactivate(self):
        self.app.remove_accelerator("win.repeatline", None)

class RepeatLinePlugin(GObject.Object, Gedit.WindowActivatable):
    __gtype_name__ = "RepeatLinePlugin"
    window = GObject.Property(type=Gedit.Window)
    def __init__(self):
        GObject.Object.__init__(self)

    def do_activate(self):
        self.action = Gio.SimpleAction.new("repeatline", None)
        self.action.connect('activate', self.on_repeatline_activate)
        self.window.add_action(self.action)

    def do_deactivate(self):
        self.window.remove_action("repeatline")

    def do_update_state(self):
        self.action.set_enabled(self.window.get_active_document() != None)

    def on_repeatline_activate(self, action, param):
        view = self.window.get_active_view()
        buf = view.get_buffer()
        _start_ = buf.get_start_iter()
        _end_ = buf.get_end_iter()
        spos = buf.props.cursor_position
        epos = spos
        it = buf.get_iter_at_offset(spos - 1)
        line = None
        while 1:
            # search line start position
            if it.equal(_start_) or it.get_char() == "\n":
                line = it.copy()
                it = buf.get_iter_at_offset(epos)
                break
            spos -= 1
            it = buf.get_iter_at_offset(spos)
        while 1:
            # search line end position
            if it.equal(_end_) or it.get_char() == "\n":
                s = line.get_text(it)
                if line.equal(_start_):
                    s = "\n" + s
                buf.insert(it, s, -1)
                break;
            epos += 1
            it = buf.get_iter_at_offset(epos)

作ってみた。

残念ながら Alt+Shift+Down は無視された。
Alt+Shift+D でいいやもう。

os.getenv(GEDIT_CURRENT_LINE)
が使えると思ったけどこれはプラグインからは参照できないのね。
しかたがないので GtkTextIter で地味に \n 位置を探すことに。

先頭と最後は \n が無いけどこんな処理でイケた。
何をやっているかは GtkTextBuffer のドキュメントで。

とりあえずこれで Gedit でも同様なことができるぞい。
探せば既にあるかもだけど、プログラミングは経験値だよと一言。

Gedit External Tools CRLF

Gedit の External Tools が変だ。

何故コマンドが改行されているのだ?
head コマンドの挙動が変わってしまったのだろうか。

一時間くらいすったもんだしてやっと理由が判明。
何故か改行コードが CRLF になっていたからだった。

head -n1 は LF までを戻すので直前の CR は残ってしまうみたい。
てか bash が CR を改行と認識すると初めて知った。
CR を使うなですむ話だけど、一応対策。

#!/bin/sh

# Do shebang

#h=`head -n1 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH`
# Remove CR
h=`head -n1 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH | tr -d '\r'`
if [[ $h = \#\!* ]]; then
    app=${h#*\!}
    echo $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
fi

普段はまったく無意味な処理なんだけどね。

text/x-python3

Fedora 27 では ContentType に text/x-python3 が追加されていた。
…ことを昨日久々に Python ネタを書いてやっと気が付く筆者であった。
Gedit で python の所に登録したスニペットが流し込めなかったということで。

とうとう Python2 からの完全置き換えをあきらめたということかな。
ちなみに Gedit はモードラインが無いなら ContentType で見分けている。
どういう振り分けをしているのかしらべてみよう。

/usr/share/mime/magic
を Gedit で無理矢理開いて Ctrl+F から python3 を検索。

あぁシバンのみで判断しているってことね。
拡張子を py にしただけのファイルは text/x-python のままだ。

python3+15 って何だろと思ってアレコレ試してみた。
先頭から 15 文字目までにコレを見つけたら Python3 だと認識、でいいのかな。

#!!!!!!!!!!!/usr/bin/env python3

から ! を一文字増やし Ctrl+s で Gedit のステータスバー表記が Python に変わる。

いや実験です、この shebang は当然動作しません。
しかし 15 文字っていったいどんだけ変な場所に env があるんだよ。

とにかくこれで Python2/3 コードの振り分けが簡単になる。
いや現行の Fedora デフォルトに Python2 は含まれていませんけど。

JXA FileList

今回は JXA でディレクトリ内容列挙でも。
まあ Objective-c での手段は検索で山ほど見つかる、しかも日本語で。
Gjs だと英語しか見つからないのに、まあ macOS と比べてもね。

変換するだけとはいえ落とし穴は幾つかある。

#!/usr/bin/osascript

ObjC.import("Cocoa");

nil = $();

let path = $("~/Desktop").stringByExpandingTildeInPath;
let nsFiles = $.NSFileManager.defaultManager.contentsOfDirectoryAtPathError(path, nil);
//$.NSLog("%@", nsFiles);
let jsFiles = nsFiles.js; // NSArray to JS Array
for (let i=0; i<jsFiles.length; i++) {
    console.log(jsFiles[i].js);
}

nil は null ではない。
そういえばデルヒャァがそうだったなぁ、もう完全に忘れたけど。

NSArray のままではループできない。
こいつの変換も *.js メソッドでイケるのか、なるほど。

次は再起のように中身まで辿っていく手段。

#!/usr/bin/osascript

ObjC.import("Cocoa");

let path = $("~/Documents").stringByExpandingTildeInPath;
let nsDirEnum = $.NSFileManager.defaultManager.enumeratorAtPath(path);
//while (let name = nsDirEnum.nextObject) {
while (true) {
    let name = nsDirEnum.nextObject;
    if (name.isNil()) break;
    let fullPath = path.stringByAppendingPathComponent(name);   // Full Path
    console.log(fullPath.js);
}
console.log("done");

if (name == $()) では認識してくれない。
つまり検索でよく見つかるコメントアウト部分は使えない。
isNil() でなんとか JavaScript の boolean 値だと認識するようだ。

Gjs や PyGObject と違って型が明確に分離している。
ってもソレさえ理解できてしまえば日本語情報があるだけ簡単だね。

どうでもいいけど Gedit は日本語入力できないまま使っている。
開き直って日本語を使わなければいいのさ、ガッハッハ!
まあ JXA 専用だね。

Gedit External Tools

Gedit で外部ツールからスクリプト実行を筆者はよく使う。
今まで ContentType で振り分けしていた。
しかしコレでは gjs, jjs や Python, Python3 で振り分けできない。

考えてみたらシバンで実行すればいいじゃん。
+x パーミッションを付けない状態でもシバンを読取りすればいいのだし。
先頭に #! があればソレで、無いなら今までどおりにすればいいかな。

#!/bin/sh

# シバンがあるならソレで起動、無いなら ContentType 判別

h=`head -n1 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH`
if [[ $h = \#\!* ]]; then
    app=${h#*\!}
    echo $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    $app $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
else
    echo @ContentType $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE
    if [[ $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE = *python ]]; then
        python3 $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    elif [[ $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE = *javascript ]]; then
        gjs $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    elif [[ $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE = *shellscript ]]; then
        sh $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    elif [[ $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE = *vala ]]; then
        vala $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH
    elif [[ $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_TYPE = *csrc ]]; then
        src=`head $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH`
        case $src in
            *gtk.h*)
                echo "Gtk Build"
                gcc $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH `pkg-config --cflags --libs gtk+-3.0` ;;
            *glib.h*)
                echo "GLib Build"
                gcc $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH `pkg-config --cflags --libs glib-2.0` ;;
            *)
                echo "Gcc Build"
                gcc $GEDIT_CURRENT_DOCUMENT_PATH ;;
        esac
    else
        echo Non Support File
    fi
fi

これでもし他のスクリプト言語に目覚めてもシバンだけで対応できるぞ!
無いと思うけど。