Fedora」タグアーカイブ

Macbook Air dual boot in Fedora

Macbook Air 2011 を Fedora にする。
とかなり前に書いてすっかり忘れていたのでそろそろヤル。
上書きも考えたけど一応デュアルブートにすることに。

このページを参考にした、古い Ubuntu だけど。
【Tips】MacBookにUbuntuを入れてデュアルブート環境を構築する方法 | ソフトアンテナブログ

とりあえず 40GB の FAT パーティションの確保。
最後に「失敗しました」と出たけどパーティションは作れていた。
なおスワップ用パーティションを別に作る必要はない。

Fedora 29 Install (SSD) | PaePoi
で作った USB メモリを再利用。

EFI Boot を選択し return で Live が起動。即インストールを選択。
まず日本語を選択、US キーボードに変更。
インストール先は 1 つしか出ないので選択して完了すると領域不足と出る。
ボタンを押して先程作った FAT パーティションを選択して削除する。
これでインストール開始できる。

電源を落とし USB メモリを抜いて再起動。
grub 画面の一番下に「MAC OS X」が出るけど選択しても起動できない。
macOS を起動するには普通に option キーを押しながら電源ボタン。

まず WiFi を設定、って接続できない!
とりあえずスキップしてユーザー名とパスワードの設定。
普通に起動できました。

WiFi については下記の Install WiFi drivers のコマンドで。
コマンドの前に sudo を付けるのを忘れずに。
Installing Fedora on Macbook Air | There is no magic here
筆者は現在 WiMax なので USB 接続の簡易有線 LAN を使った。
再起動後には WiFi 接続できるようになっていた。

ファンクションキーが fn を押してもメディアキーのまま。
しかも動作が変なので以下を 1 から 2 に書き換える。

sudo vi /sys/module/hid_apple/parameters/fnmode

さっきのリンク先のとおりに hid_apple.conf も作成しておく。

fn キーは Macbook には無いキーには使えるようだ。

Super:  command
Delete: fn+delete
Home:   fn+←
end:    fn+→

ファイル共有を ON にして、判りやすいようにホスト名を変更して

#nmcli general hostname ***.***
nmcli general hostname fnote.local

他の Fedora で nautilus の「他の場所」から簡単に接続できる。
デフォルトで「公開」ディレクトリね、皆変えていると思うけど。

後は、rEFInd は特に必要ないな。
キーボードが光らないことのほうが気になるよ。
タッチパッドの二本指スクロールが早過ぎなんだけど調節できないのかな?
Air 2018 はそのまま使うよ、だって TouchID が Fedora で動くはずないし。

そんなことより困ったぞ、control と command を間違えまくる。
Ctrl+C は当然 control+C なんだが command+C を押してしまう。
Fedora デスクトップと Macbook Air の併用に慣れすぎだ…
このキーボードではそういうふうに指が勝手に動く、予想外だったZE!

Fedora 29 Install (SSD)

先日落とした Fedora 29 Workstation の iso を USB メモリに書き出し。
今回は Fedora Media Writer というのを使ったんだけど。
Fedora からなら普通に gnome-software で導入できる。

このアプリは直接 iso のダウンロードまでしてくれるのね。
わざわざ別に iso を落としちゃったよ、なので Custom image から普通に作る。

SSD を付け替え、Fedora 28 の SSD はバックアップ。
UEFI バイオスを USB 優先に変更してライブを起動。
即インストールを選択でいつものように、ってアレ?
インストール中に行っていたユーザー名やルートパスワード指定が無くなった。
それ以外は余程の無知でなければ解るので省略、問題は何事も起こらず完了。

終了して USB メモリを抜いて起動してバイオスを戻す。
初回起動、あぁココでユーザー名指定になったんだ、iPhone なんかと同じ。
そうでないと OS を入れた状態でマシンを配布できないからね。
しばらくアップグレードだったのでいつこうなったのかは知らない。

set | grep ibus しても GTK_IM_MODULE=ibus は出てこない。
でも日本語入力に問題は出ない、Fedora 28 は何だったの?

Ctrl+SHift+E で絵文字選択が出なくなった、不評だったのかな?
入力可能な場所でコンテキストメニューを出すと “Insert Emoji” は出る。

VL ゴシックのフォントがデフォルトでは入らなくなったようだ。
Note Sans Mono CJK JP Regular
を試しで Gedit のフォントに指定してみる、まあ好みで。

Gedit が 3.30 になっているけど違いは判らない。
筆者公開プラグインは普通に動いた、スニペットも今迄のをコピペで使える。

Nautilus のファイル検索がタイトルバーを再利用に変わっている。
パンくずリストが文字列のみに、ここから端末を開くことができるように。
そんな機能より Nautilus Script を左ボタンだけで使える機能が欲しいのに。

即 ~/.config/user-dirs.dirs を弄ってディレクトリ名を変えているのは無視して。
GUI で違いが別るのはコレくらいかな。

gnome-softwere のアドオン/コーデックにいくつか最初からチェックが入っている。
でも再生できるものはほとんど無い、特に H.264 の奴は役に立たない。
UnitedRPMs か RPM Fusion リポジトリをいつものように追加。
libav, License Issues, Non Free 追加で大抵のサムネイルはイケるはず。

Google Chrome はリポジトリを有効にして検索で goo と打てば出て来る。
知っていると思うけど Google にログインすれば元通り。

firewall-config は何故デフォルトでは入らなくなったのだ?
Fedora を選ぶような人なら必須なアプリでしょ。

dconf-editor も。
org.gnome.desktop.interface clock-show-date したらなんか変。

KeePassX が相変わらず検索で出てこない、mono のゴミはイラネ!
と思ったら KeePassXC という KeepassX のフォークが、Qt5 だしコレでいいや。
紹介している日本語サイトが皆 mac なのが面白い。
フリーソフトのインストールが大好きなサルブンツはどうしちゃったのw

gnome-mpv は dnf コマンドからしか導入できないままのようだ。
実はコイツには youtube-dl が付属していることは秘密だよ。

我が自作アプリは、というか。
Gjs の ARGV が UNICODE に変わっていた!

#!/usr/bin/gjs

// Create argv
let argv = [System.programInvocationName];
for (let s of ARGV) {
    /*if (s.includes("//")) {
        argv.push(s);
    } else {
        argv.push(decodeURIComponent(escape(s)));
    }*/
    argv.push(s);
};

今頃か。

あとフルスクリーンの動作が何か変だ、又色々試さなきゃ。
とりあえず自作アプリ以外は再構築完了。

Google Chrome 70 for Linux

Fedora で Google Chrome 70 にて Ctrl+Shift+Q を叩くと

ありゃりゃ終了できない、てか使えなくなったの?
元々 GNOME アプリのデフォルトである Ctrl+Q では終了できなかったのだけど。

ちなみに macOS デフォルトアプリは全部 command+Q です。
macOS 版 Google Chrome や Visual Studio Code でも同じ。
この完全な統一感があるから macOS ではマウスが不要なんだよね。
いいかげん Ctrl+Q にしてくれないか?

○ブンツと○○○ドウズ”だけ”はカスタマイズでいいよ!
アイツらマジでマウスしか使っていないからwwwww

Wayland (Fedora28) ibus

Fedora 28 にアップグレードで Gedit 等の日本語入力がおかしかった件が解決。
GTK_IM_MODULE=ibus が定義されていなかった。

日本語の設定 – Manjaro Linux

Fedora じゃないけど上記を見てあれ?って。
27 では定義されていたと思うんだけど。
.xprofile は必要無いようです。
てか Wayland がコレを参照していたとは思わなかったよ。

set | grep ibus
# if ("GTK_IM_MODULE=ibus" === undefined) {
#     ~/.bashrc_write("GTK_IM_MODULE=ibus")
# }

これで解るよね。

やっと Gedit に戻せる、VSCode の糞仕様にイライラしなくてすむぞ!
スニペットは行頭でしか使えないしショートカットで実行もできないし。
定型文を文字列間に流し込む手段が無いとか、ホント使えねぇ。

ついでに Mozc ってのを試したけど、これ何故人気があるの?
速攻 ibus-kkc に戻したよ、使い込んでいるという理由もあるけど。

Fedora 28 Upgrade p2

前回書いた Gedit の不具合の軒。
Gedit だけでなく GTK3 全体の GtkEntry, GtkTextView 全部だった。
具体的には。

まず日本語を打ち込み変換する。
そのまま Enter にて確定させずに次の文字を打つ。
今まではそのまま確定されて次の文字が普通に打ち込めた。
Fedora 28 では最初のキーが確定扱いになりそのキーは無かったことになる。
結果、子音が無い状態になるのでボインだらけに

これが Wayland かつ GTK3 アプリでしか起こらないっぽいからややこしい。

Nautilus で Ctrl+l を叩いて試しても同様になると確認できる。
Electron の Visual Studio Code なら問題無かったのはそういうことね。
GTK2 の goodle-chrome のアドレスバーも問題無いね。

症状は解ったけど、どうすりゃいいんだ?
ibus は関係ないみたいだし、うーん。。。。。

ところで。。。。。
Fedora 28 は絵文字の挿入に Ctrl+Shift+e が割り付けされてしまった。
筆者の公開プラグイン html_escape と被る、変更しなきゃ。

ついでに、以前 blog で書いた repert_line だけど
“<Alt><Shift>Down” は駄目だが “<Alt><Super>Down” なら使えるようだ。
こっちのほうが直感的だからコレをデフォルトにしよう。

ということで更新しました。
Gedit 及び Eye of Gnome プラグイン – L’Isola di Niente

それに伴って。
VSCode Linux 版の行コピーデフォルトは Ctrl+Alt+Shift+Down だ。
これは下の仮想デスクトップに移動という GNOME のキーと被る。
Alt+Shift+Down はカーソルコピーという使いそうもない機能なので削除。
コイツを行コピーに割り付けして、よし macOS 版と同じにしたぞと。

今回はヤルこといっぱいあるなぁ。