タグ別アーカイブ: Fedora

Fedora 26 Upgrade

Fedora 26 への更新通知が来ました。
ぶっちゃけ筆者は最新の GTK+/Clutter が使えればいいのであって。
むしろ検証に時間を掛ける Fedora は不向きだと本気で思っていたりする。
でも十年後も残っていそうなトコって Fedora, SUSE, Slackware しかないし。

前回は RPM Fusion 絡みで上手くいかなかったので現時点での構成でも。
UnitedRPMs リポシトリと
Google Chrome リポシトリのみ追加
GNOME 自体の設定は全部デフォルト、サルブンツのアレ等と違ってデフォルトでも快適。
って、あんまり参考にならないと思うけど。

今回は普通に gnome-softwere からイケるようだ、ヤッタぜ。
ボタンは [ダウンロード(D)] のほうをクリック。

ダウンロードが終わると [インストール(I)] ボタンが出る。
押してルートパスワードを入力すると再起動。

通常のアップデートとほぼ変わらない感じで進んでいく、筆者の環境で約十分。
自動再起動の後で普通にログインすると Fedora 26 になっていた。
あっけなさすぎて唖然、もちろんイイ意味で。
macOS や iOS 更新に掛かる時間は何なんだ!

UnitedRPMs で入れた GStreamer codec も更新されている。
特にバックアップとかしなかったけどデフォルトアプリの変更等もそのまんま。
Apache の systemctl 指定や SELinux の変更点もそのまんま。

あれ? Gedit が 3.22 のままだ。
Wayland でログインすると Ctrl+F9 が使えないまんまだ、期待したのに。
eog は拡縮のパーセント表示が付いた、他のアプリは何が変わったかワカラン。
dconf-editor 3.23.4 ってこのバージョンは何よ。

GNOME 3.24 Release Notes

GNOME 関連は前回同様に日本語ページは無いようなので英語で確認。
ずっと使ってきた人はアイコンが変わったくらいしか感じないと思う。
GTK+ の大幅な変更は二年毎に変わったし GNOME アプリもメンテ程度っぽい。
よく見ると何故か翻訳されず放置されてきた部分がキッチリ日本語になっている。

ずっとクリーンインストールだったからかヤルこと無さすぎ、ツマラン(褒めてます)

Fedora 25 Install (SSD) p4

困った。
Fedora 25 では管理者権限で GUI が使えなくなっているようだ。
ぶっちゃけ httpd.conf を弄る時くらいしかその必要は無いんだけど。

sudo_gedit

beesu を試しにいれてみたけど当然のように同じ結果に、vi 等で弄ろう。
nano を勧めとくけどデフォルトでは入っていない。
macOS 版と違ってキッチリローカライズされているのよね。

PHP が 7.0.13 になっているけど httpd から使う方法は変わっていないな。
httpd で public_html を使う – L’Isola di Niente
はそのまんま使えるようだ、一応 nano にスクショは変更。

codec と Flash – L’Isola di Niente
は UnitedRPMs を追記、RPM Fusion は多分以前と同じだろう。

そういえば ffmpeg も iPhone 動画の編集に必要だった。
いや盗撮じゃないですよ、作業手順の仕事で使ってみたら便利だったんで。
コレも UnitedRPMs にあるね、よかった。

他のページは特に追記や変更する必要は無いっぽい。
トップページでお知らせするほどの変更ではないのでココで。

プログラミングに関してはなんか Rust がどうのとか。
rustc コンパイラはデフォルトでは入っていないんですけど…

てかだからライブラリが無いと言語だけじゃ何もできないってば。
と思ったけど GObject Introspection は既にされているようだ。
GObject Introspection bindings for Rust ? GitHub
でもマニュアルやサンプルコードは見当たらない。
valadoc レベルのドキュメントがないと誰も使わないだろうなぁ。

Python3, Perl5, Gjs, jjs, Lua5 は今までどおり最初から入っている。
gcc と標準ヘッダもある、もうお腹いっぱいだよ。
どうでもいいけど Swift パッケージも dnf で導入できるようになった。
boost と Qt5 が一緒に入るみたいだが誰が使うんだろう?

あれ? Ctrl+Shift+E で html_escape GeditPlugin が動くぞ。
昨日は動かなかったのに、他で色々弄っていたせいだったのだろうか。
ということはコイツは更新する必要無しってことか、やったぜ!

とりあえず再構築完了。

ところで、地味に困ったこと。
gnome-terminal のアプリケーションメニューから[新しいウインドウ]が消えた。
Ctrl+Shift+N を使えばいいだけなんだが何故消したんだろう?

Fedora 25 Install (SSD) p3

筆者が現在進行形で公開しているものは Fedora 25 に対応しているのだろうか?

Nautilus をスクリプトで拡張

そのまま使える。
大半がシェルスクリプトを使っているだけだしそりゃね。

Gedit 及び Eye of Gnome プラグイン

eog は最新版で問題無し。
gedit は作った本人は気になる所があるけど普通に動く。
と思ったけど Ctrl+Shift+E で html_escape が動いてくれない。
どうやら他の機能に割り当てされてしまったみたいだがソレが何か解らない。
うーんどうしよう?

Linux アプリケーション

Y901x は何も問題なく動く、私的には意外。
つまり Gjs の ARGV は文字コードが Unicode になっていないのは以前のまま。
Python 等も昔はこんな感じだったし macOS の JXA 同様に今後どうなるかだ。

Comipoli は…
cbz をまったく表示できない!
何故なんだろうと調べたら。

comicbook

ContentType が以前は application/x-cbz だった。
application/vnd.comicbook+zip という定義ができちゃったのね!
ちなみに cbr は application/x-cbr のまま、本家ということか。
cbr ってコミックブックアーカイブの頭文字だったのね、何を今更だが。

ContentType 判別では環境ごとに違うってことになるな。
拡張子判別に書き換えしたら普通に動いたのでそう書き換えるしかなさそう。
そこらをもう少し調べて更新する。

何だろう、あんまり面白くないぞ。
何故こうなるかが把握できてしまうと急につまらなくなる。
ジムカーナをヤメた時もバイクをスクーターに変えた時もそんな感じだった。
理解できてしまうと楽しさではなく作業になるんだよね。

Fedora 25 Install (SSD) p2

GNOME 3.22 の Nautilus って結構変更されているね。

コンテキストメニューの圧縮や展開が英語のまま、なのはどうでもよくて。
有無を言わせずその場に展開だったのが位置指定必須になっているし。
ダブルクリックだと file-roller でなくその場に展開、うーん…
以前のほうがどう考えても直感的だと思うんだが。

create_archive

圧縮時のダイアログが唖然とするほど不自由になっているし。
自動で親ディレクトリ名になって拡張子を選ぶだけだったのが便利だったのに。
しかも CBR/CBZ を拡張子変更無しで作成可能というオマケまであったのにさ。

それよりアーカイブ形式を三つからしか選べないってどうよ?
しかもその一つが 7z って何故こんな普及率の低い形式?
tar.gz にしてくれよ…

/org/gnome/nautilus/compression/default-compression-format
を見つけたけどやはり3つからしか選べない、困るのは筆者だけ?

以前の手段はスクリプトで簡単に作れるし休日にでも作ることにする。

一括ファイルリネーム機能もついた。
こういうのをコマンドでスパッと行えるのが UNIX 系の醍醐味なのに…

gnome-softwere の検索は相変わらず使えない。
Sylpheed も KeepassX も検索で出てこないまんまだ。
だって Mac の AppStore と違って dnf コマンドでは普通に入れられるのに。

何故いつもこの2つなんだ?と思う人がいるかも。
筆者は自作と開発用とド定番の gimp 等以外だとこの2つしか使わないからです。
使う予定すらないフリーソフトを沢山インストールするなんて初心者丸出し。

firewall-config が前回からデフォルトでは入らなくなったのは何故?
まあ単体で使う人なら不要といえばそうだけど、自分で導入。

リポジトリに United RPMS を懲りずに登録。
まあ入れるのは GStreamer codec と unrar だけだが。

codec

前回コンフリクトしたのは rpm-fusion と同居したせいかも。
今回はコッチだけにして様子見。

google-chrome も必須、自分のサイトを持っている人なら当然。
redhat-lsb や Python2 が依存関係で入るけどしかたがない。

自作関連は次回。

Fedora 25 Install (SSD)

さて Fedora 25 のクリーンインストール。
あれ、こんなオプションってあったかな?

keyboard_layout_option

筆者は Fedora, Mac 共に US 配列キーボード愛用。
Mac と同じ位置で切り替えできるように ibus-kkc の直接入力切り替えを Alt+Enter に変更していた。

試しにココで Alt+Enter 設定してみる。
後で解るけどヤメといたほうがいい。

インストール自体は以前と何も変わらない。
ただしデフォルトは X ではなく Wayland になるようだ。
もし不安定な環境ならログイン時に X に切り替えすればいい。

VL PGothic フォントと dconf-editor は真っ先に入れておこう。
gnome-softwere で普通に見付かる。

さて上記の設定はこうなるようだ。

kbd_opt

つまりインストール時には特に何もしなくても Super+Space は使える。
代替え登録ってことみたいだけどチト違っていた。
Super+Space では Mac の command+space 同様に前使っていた入力ソースになる。
代替えでは順番に切り替わってしまう、3つ以上登録しているとパニくる。

xkb-option

/org/gnome/desktop/input-sources/xkb-option
がソレっぽいのでコイツをデフォルトに戻せば無効になる。
日本語キーボードは万が一のために登録しているけど実は使ったこと無い。

で、今までどおり ibus-kkc の直接切り替え設定を変更できないんだが何故?
Alt+Space を登録すると勝手に Meta が入ってしまう、Wayland のせいだろうか?
キーボード設定で Alt+Space に変更でも同じようになる。

meta

Super+Space での切り替えは以前はレスポンスが悪過ぎで使っていなかった。
現行は即時に切り替わるね、当面は Super+Space で Mac のように使ってみる。
多分すぐ慣れる。

検索すると ibus-kkc から変更している人多いけど本当に Fedora を使っているの?
こんなに安定かつ軽く余計なことしない入力メソッドなんてそうそう無いよ。

スクリーンショットで解るけど dconf-editor からついにツリービューが消えた。
これで完全消滅、他にキーボード設定なんかもスマートフォン用っぽくなった。

keyboard_setting

でもコレをいかせる OS が自由なタッチデバイスが少なすぎという現状。
そもそも Linux をタッチパネル向けにする意味がとか疑問も多いけど。
少なくとも今後の若い人達はスマートフォンっぽいほうが馴染みやすい。

なのに、まさかの gnome-terminal にメニューバーが残った!
物凄い違和感なんですけど、何か理由があるのだろうか?

他色々触ってみたけど以前との違いを感じない。
Wayland にすると WordPress で画像アップロードできなかったのも可能に。
このまま Wayland で問題なさそう、入力メソッド切り替えだけ注意。