Paepoi

Paepoi » Linux アプリケーション

Linux アプリケーション

Comipoli (PyGObject Sample Code)

img/comipoli039.png

comipoli 0.3.9 Download (28.7kb)

PyGObject で作っているコミックブックアーカイブ及び PDF ビューアです。
見開きで観覧できて一般的なコミックサイトのように左右矢印キーでページめくりできます。
又はスペースキーをガシガシするだけで同一ディレクトリのファイルを巡回なんかもできます。

※CBZ は画像を ZIP アーカイブして拡張子を cbz に変えたもの
※CBR は同様なものの RAR アーカイブ版、てかコッチが本家のようだ
※CB7 は同様なものの 7zip アーカイブ版

このアプリは最新 stable の Fedora(GNOME) を対象に作っています。
必ず Wayland で使ってください、X.org でも動きますが早送りになる場合があります。
最低 GSettings スキーマ XML をインストールしないと動きません。
同梱の Makefile で古いバージョンもアンインストールできます。
# インストール
sudo make install
# アンインストール
sudo make uninstall
CBR を読み込む場合は unrar 必須です、RARLAB から。
CB7 を読み込む場合は p7zip 必須です、dnf から入手。
●0.3.9
スマホの縦写真を cbz 化したものでも正しく回転表示できるようにした

●0.3.8
GNOME 3.34 で GtkMessageDialog の動作がおかしいので GtkInfoBar に変更
メニューボタンを GtkMenuButton に変更(Tips ページに合わせた)

●0.3.7
コマンドラインオプションを GTK+ 標準に変更した
--new-window オプションの追加
アプリケーションメニューだった位置に「新規ウインドウ」メニュー追加
(メニューに出ない場合ログインのやり直しで表示されるはずです)
GSettings 読み込みを startup シグナルハンドラに移動

●0.3.6
ページめくりで上下矢印キー割り当て廃止
  - F10 から下矢印で項目選択できなかった
ショートカットウインドウのサブ項目は段差で表示するようにした
fixed: フルスクリーン時にハンバーガーメニューの選択ができなかった
fixed: フルスクリーン時に F10 を押すとメニューが斜めに出ていた
fixed: フルスクリーン時にボタンを使うとフリーズする場合があった

●0.3.5
GNOME 3.32 向けに ApplicationMenu のハンバーガーメニュー化
伴ってボタン位置の変更、Open はハンバーガーメニュー内に移動

●0.3.4
fixed: 0.3.3 で PDF が開けなくなっていた
fixed: サムネイル画像作成で範囲エラーになる場合があった

●0.3.3
Preference の設定を全体設定に仕様変更(macOS 版に合わせた)
  - 複数ウインドウを開いていてもすべてに適用されます
fixed: Esc to Close 設定を off にしても閉じてしまっていた
fixed: zip|rar|7z 拡張子のまま開いた場合に次のファイル検索でエラーになっていた

●0.3.2
Ctrl+W でウインドウを閉じるようにした
  - 複数の comipoli を開いていた場合アクティブなウインドウのみ閉じます
  - Ctrl+Q は今までどおりアプリ全体の終了(GNOME アプリのデフォルト動作)
  - Esc の動作もウインドウを閉じるになります
fixed: 左右ページのサイズが大きく異なる場合表示がおかしくなっていた

●0.3.1
PDF ファイルの読み込みに対応
それだと困る場合は Preference の Enable PDF File 設定で無効にできます
仕様変更、左右キーによるページめくりはページ入れ替えの方向に合わせるよう単純化
上記により左右キー入れ替え設定の廃止
サムネイル画像は観覧中にバックグラウンドで作成し素早く表示できるようにした
すべてのサムネイル画像が作成完了するまでボタンや F9 キーは無効になります
fixed: 開くダイアログが現在のディレクトリを記憶していなかった
fixed: Next ダイアログに無意味な $ 記号が入っていた

●0.3.0
諸事情により Gjs から PyGObject に戻した
メモリーリークの解消
Cairo.Matrix による画像リサイズに仕様変更、しばらく様子見
アーカイブ読み込みエラー時は標準出力ではなくダイアログで表示に
開けないファイル時にもダイアログを出すように
フルスクリーンコントローラにもタイトルとページ番号を表示

以前の履歴





Y901x 1.2 (Gjs and Clutter Sample Code)

img/y901x121.png

1.2.4 Download (52.7kb)

GStreamer 動画プレイヤーは Gjs+Clutter で作り替えました。
スタンドアロンの動画プレイヤーなんて令和な今となっては微妙な存在かもですが。
JavaScript の勉強になるからいいよね、ってことで作り続けています。

gjs 1.54, GTK+ 3.24 以降の環境が必須です、現行 GNOME 構成部品の一部です。
コレも最低 GSettings スキーマ XML をインストールしないと動きません。
インストールは上記 Comipoli と同じです。

●1.2.4
fixed: 90 度回転した時の計算式を間違えていた
fixed: Ctrl+W が動作しなくなっていた
fixed: F10 キーが動作していなかった
fixed: メニュードロップ時に矢印キーで選択できなかった

●1.2.3
アスペクト比が原寸と異なる場合に正しく表示
カスタムアスペクト比の設定追加
動画回転にショートカット、Ctrl+0,1,2,3
動画回転時に Totem 同様なアニメーションをするように
リサイズもついでにヌルヌルアニメーション
メニューボタンを GtkMenuButton に変更
キーボードショートカットは全部 GAction 化

●1.2.2
コマンドラインオプションを GTK+ 標準に変更した
--new-window オプションの追加
アプリケーションメニューだった位置に「新規ウインドウ」メニュー追加
Preference の設定を全体設定に仕様変更
新しいウインドウを開くと既に開いているウインドウのサイズに合わせるように
fixed: 右クリックの W クリックでもフルスクリーンになっていた

●1.2.1
GNOME 3.32 向けに ApplicationMenu のハンバーガーメニュー化
フォルダ内のリストアップ廃止、連続再生は今迄どおり可能
連続再生は comipoli 同様の都度次のファイルを探す方式に変更
リピートボタンをメニュー内から独立ボタンに変更
リピート停止は F6 キーに仕様変更
再生終了後に先頭へ巻き戻しされないように仕様変更
縦長ファイルのフルスクリーンでも必ずマウス下移動でシークバーが出るように
フルスクリーン時マウス上移動でヘッダーバーが出るように
Ctrl+O が動作していなかったのを修正

●1.2.0
Gjs+Clutter で丸ごと作り替え、ポリシーを今の GNOME っぽいに変更
Fedora 29 (GNOME 3.30) で Gjs の ARGV が Unicode 化された事に対する対応
ApplicationMenu から複数起動できるようにした
--version, --help のオプション追加
アイコンを何故か目玉にした、おっぱいではない

以前の履歴


古いアプリの公開は終了しました
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2020.