投稿者「sasakima-nao」のアーカイブ

developer.gnome.org

GNOME Development

ちょっとー!
実は地味に GTK4 Python のページ作りを進めていたんだけーが。
なんか突然変わってしもーた、先週まで今までどおりだったのに。

https://developer.gnome.org/gdk4/stable/

が 404 なんですけど、API Documents はドコにいったの???
developer.gnome.org でいくら探しても見つからない。
今までのを消さなくてもいいだろうと思うんだけど。

もしかして gtk.org のほうにあるかも。

The GTK Project – A free and open-source cross-platform widget toolkit

上部の Docs を選択、API References | GTK をクリック。

Gtk ? 4.0

見つかった、ああよかった進められる。
ただ今までと違い Valadoc みたいで変な感じ。
いや今までのが決して解りやすかったとは言えないんだけど。

developer.gnome.org は方針を変えて持株会社みたいになったのか?
てか今までのがないと devhelp を使ってローカルで参照できない。
Web ドキュメントのみって結構辛いんですけど。

25mm

LUMIX 開発者の皆様ごめんなさい。
以前 LUMIX では花が綺麗に撮れる気がしないって書きました。
間違いです、筆者がヘタクソだっただけです。

普段野鳥を撮っている筆者の LUMIX は一点オートフォーカス固定です。
NIKON では昔からマルチポイントオートフォーカスしか使いません。
つまり NIKON だと綺麗だったのは撮影方法の違いではないのか?

よーしマニュアルフォーカスで花を撮ってみるぞ。
花ということでフラワーパーク江南へいってきました。
なんだよ、スイレンイベントって鉢に一本入っているだけジャン。
でもその一つに目が止まる。

1

Prince だ Purple Rain だ!
Prince – Purple Rain LIVE – YouTube

Prince の曲は全部消されていたけど最近はオフィシャルまであるのね。
いつの話だって、まあそれはいいとしてコイツでジックリ。

2

マニュアルフォーカスで、いい感じになった。
野鳥や昆虫と違って逃げないんだから追い込まなけりゃね。

3

m4/3 の F4 でも条件が揃えば玉ボケが作れる。
まんまるではないのは 7 枚羽のせいか、充分だと思うけど。

パナライカ 25mm いらないやん、9 枚羽という魅力しかワカラン。
いやまあ筆者はキットズームと単焦点でも周変光以外の差が判らないし。

ところで、今回からクリックで直接元サイズ画像へ変更しました。
Flickr を検討したけど今ってゴタゴタ状態なうえに 1000 枚上限って何よ。
今後色々あやしそうだからパス。

WordPressで画像のフルサイズが勝手にリサイズされる問題 – WEB NOTE

こんなページを見つけた、管理人さんありがとう。
早速変更させていただきました。

Ageha

今日の五条川。

1

ムクゲとクマバチ、花と昆虫シリーズ。
こういう角度もたまにはいいじゃないか。

2

ジャコウアゲハのメス、花は無いけど。
オスは黒いけどクロアゲハとは違うようで。

3

横から見ると腹色が少しキモい。

カワセミは飛んでいるのを二匹見た、見えただけ。
今はどこで狩りしてんのかな?

昆虫は野鳥よりは寄れるので LUMIX 内現像。
筆者はやっぱり Lightroom いらないかも。

-scaled を URL から、ってそろそろ面倒になってきたなぁ。
プロがよく利用している Flickr あたりを使おうかなって考え中。

Sunflower

もうしばらく夜勤が決まる、変則勤務は頭が回らないね。
プログラミング関係は連休までおやすみ。

日曜日にいつもの五条川でパナライカを背負って野鳥探し。
で、大口のメガドンキユニー(長い)近くにある向日葵畑が目についた。
多分だけど、一度帰宅してデジイチを持って再訪したみたいな人達がワンサカ。
その時筆者は LUMIX G 25mm も持っていた、ということで撮影会に参加。

あれ?なんか違う。
彼岸花の時もそうだった、実物は凄く綺麗なのに写真にするとつまらない。
42.5mm も持ってきたほうが良かった?いやココはもっと広角で撮りたいかも??
もしかして 25mm も割高みたいなパナライカを選んでいたら迷わなかった、かも。
迷ったけど早々に野鳥探しへ戻る、何もいなかったけど。

リベンジしたいけどなんか我が LUMIX では綺麗に撮れる気がしない。
そうだ NIKON を使おう、たまにはコッチも使ってやらないと。
ということで夜勤明けに D3400 を持ってリベンジしてみた。

1

うんなんかシックリきた、キットズームの広角端なのにイイ感じ。
4:3 ではなく 3:2 だからなのか、絵作りの差なのか。
野鳥は断然 LUMIX なんだけど、それはレンズの差だし。

2

単焦点も NIKON のほうがやっぱりイイな。
APS-C の入門レンズでこんだけ撮れれば十分ですよ。

3

クマバチがいたので f2.2 まで開けてコラボを。
背景はボカしすぎたかなって感じだけど悪く無いかも。
てかハチが逃げる前に撮らなきゃなので絞りを選んでいる暇無い。

マジで思う、カメラも信者にならず色々使ってみたほうがいいな。
さて出勤の準備でもするか。

今回はトリミング無し。
-scaled を URL から外すとフルサイズ画像になります。

Fedora 34 libav

Fedora 34 になってからアップデート通知が来なくなった。
時折 gnome-softwere を開いて手動アップデートする必要がある。
通知させる手段はあるんだろうけど別にこれでいいやって。

で、今日やったら GStreamer で動画が再生できなくなったんですけど。
再生は Celluloid 等を使えばいいんだけど Nautilus でサムネイルができない。
それは困る、とりあえず元に戻したい。

CentOS – Yum パッケージのダウングレード! – mk-mode BLOG

これで libav だけダウングレードしたら元通りになった。
Fedora 34 では yum でなく dnf コマンドです、オプションは同じ。
具体的には以下のコマンドを打ち込んだ。

# Listup
dnf --showduplicate list gstreamer1-libav

# Downgrade
sudo dnf downgrade gstreamer1-libav-1.18.4-2.fc34

バージョンを指定はハイフンの後に付ければいいようで。
指定しなければ勝手に一つ前になるみたいだけど一応。
そうそう、GStreamer のアップデートを禁止しないと。

sudo sh -c "echo 'exclude=gstreamer1*' >> /etc/dnf/dnf.conf"

dnf では /etc/dnf/dnf.conf に追記します。
dnf.conf は起動時読み込みなので再起動の必要があります。

これでアップデートされなくなるけど修正されても気が付くことができないw
まあ次の GStreamer アップデートは Fedora 35 の時でいいかなって。
SELinux を有効にしたままの Fedora ではセキュリティなんて無視でいいってばさ。