macOS Get UTI

Apple 関連で開発をしていると UTI を調べる必要がある場合が多々ある。

Uniform Type Identifier – Wikipedia

Uniform Type Identifier Concepts

検索をしていたら素敵なページを見つけた。

Mac や iOS でファイルの種類を表す識別子 Uniform Type Identifiers を拡張子から調べる(Swiftで1行で出来る) – niwatakoのはてなブログ

てゆーか JXA でも PyObjC でもできる。
しかし困ったことに JXA では CFString が NSString にキャストできない。

objective c – JXA: Accessing CFString constants from CoreServices – Stack Overflow

上記を見つけてようやく解決。
console.log って C 言語の char[] を出力できる、初めて知った。
UTF16LE に変換は不要、CJK 文字列でも問題ないようです。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

let jp = $('スズキ GSX250R').UTF8String;
console.log(jp);
//=> スズキ GSX250R

// ex: ft=js.jxa

ということで JXA にて簡単に調べるコマンドを作ってみる。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

ObjC.import('CoreServices');

function run(argv) {
    for (let ext of argv) {
        let uti = $.UTTypeCreatePreferredIdentifierForTag(
            $.kUTTagClassFilenameExtension, $(ext), null);
        let s = $.CFStringGetCStringPtr(uti, 0);
        console.log(`${ext}: ${s}`);
    }
}

// ex: ft=js.jxa

getuti.js

せっかくなので基底タイプも調べたいぞ。
JXA で得る方法が解らなかったので PyObjC で書いてみる。
PyObjC は CFDictionary や CFString も Python の型と等価なので超簡単。
他の言語を使うのが馬鹿馬鹿しくなってしまうので注意が必要。

#!/usr/bin/env python3

import sys, CoreServices

for ext in sys.argv[1:]:
    uti = CoreServices.UTTypeCreatePreferredIdentifierForTag(
        CoreServices.kUTTagClassFilenameExtension, ext, None)
    arr = CoreServices.UTTypeCopyDeclaration(uti)['UTTypeConformsTo']
    con = ','.join(arr)
    print(f'{ext}: {uti} [{con}]')

# ex: ft=py

@PyObjC

getuti という拡張子の無い名前で +x のパーミッションを付けパスの通った場所へ。

getuti

JXA でやりたかったけどまだまだ修行が足りない。