タグ別アーカイブ: Music

Canzona

連休前で忙しくプログラミングしていないので久々に音楽。

palepoli で検索すると今でもマニアックな漫画が一番上。
つーてもこの作者さんも間違いなく名前のネタ元は同じで Osanna だろう。

まぁこれと The Who の Tommy は何度も紹介していると思うが。
その Osanna のアルバムに Milano Calibro 9 ってのがある。
サントラだと聞いていたので避けていたがつい最近 YouTube で曲を見つけた。

YouTube – OSANNA – Canzona

こんなにグッとくる曲が入っていたとは知らなかった。
CD が全然売れないとかネットでよく見かけるようになった昨今。
やっぱり音楽はどこかで一度は耳にしないと購入するキッカケすら無いよね。

どうでもいいけどイタリアンでカンツォーネとはストレートな名前を付ける
new trolls のコンチェルト・グロッソも合奏協奏曲という意味だし。

テレビをまったく見ないので最近マスゴミが何を流行らせようとしているか知らないけど。
どっちにしろこういう音楽はどうせ流してくれないだろう。

そういえば昔 Il Balletto Di Bronzo の Ys の良さがイマイチ解らなかった。
今なら解るかな?と思ってこれを書きながら聴いてみた。

やっぱり悪くは無いけど自分にはイマイチ良さが解らないや。
評判は恐ろしくイイのだがイタリアン・プログレッシブなら全部オケではないわな。
PFM だけは万人受けすると思うけど。

YouTube – Premiata Forneria Marconi (PFM) – River of life

日本人なんて全然解らない。
ランカとシェリルくらいなものか、いやマジでマクロスの曲は結構いいと思う。

Palepoli

我がサイト名及びもう更新停止ししまったが一部アプリがこの名になった理由。
(1/3) 最初のほうをを耐えて (2/3) 以降フルートとギターの狂乱っぷりをどうぞ。

YouTube – OSANNA – Oro Caldo?Stanza Citta (1/3)

誰だよ Palepoli の CD そのまんまアップした人は、まあそれはいいとして。
CD を持っているので YouTube で聴く必要は無いが紹介に YouTube ほど有用なものは無いと思う。
てかやっぱり圧縮音楽だとダイナミックレンジが潰れているよね。

クリムゾンが普通に思える不思議。
オーネット・コールマンにゃ勝てないが(とてもじゃないけどコレは他人に勧められない)

いやアプリ名は「どんな名前にしよう?」と考えた時にパッと思いついたのがコレだったオチですが。
結局サイト URL にも使った、覚えているくらいインパクトがあったということである。
Blog 名は日本人なら書くまでもない。

この名を埋没させたくないのではなくネタができなかったので。