JXA」タグアーカイブ

Catalina Atom JavaScript

おいおい、Atom の Script パッケージって…

Script はシバンを書かなければパスを通した node.js で実行するようです。
シバンを osascript に指定してもパラメーターは node.js 用のまま。
どういうことだってばよ。

右下にある言語の所をクリックし

JavaScript for Automamation (jxa)

を選択すれば osascript 用のパラメーターになるようです。

こんなのを毎回やるのなんて面倒臭いぞ。
ということで vim-modeline を使うことにする。

#!/usr/bin/osascript

console.log('Hello');

// vim:set ft=js.jxa

vim 屋は最終行に書いている場合が多いので合わせてみた。
Atom のみならこの表記でいい、本家 vim を併用している人は困るかも。
書き込んだ後に開き直すか option+control+V を押す。

問題なく JXA で起動できるようになります。
普通にシバンどおりに実行してくれたほうが嬉しいのに。

ところで node.js なんだけど。

普通にダウンロードしテキトーに置いた奴は起動できなくなっていた。
上記は以前試した graalvm に入っていた奴なんだけどね。
Gatekeeper がどんどん厳しくなるなぁ。
正式な手段でインストールしないと全部弾かれるようになったみたい。

macOS Catalinaでnode.jsをインストール – Qiita
node.jsのversionを管理するためにnodebrewを利用する – Qiita

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

を実行すると ~/.nodebrew が作られる。
筆者は zsh に変更したので ~/.zshrc にパスを書き込む。
しかし mac 屋は何故ドットコマンドではなく source を使うのか?

. ~/.zshrc

Node.js

コレを書いた時点の LTS は 10.16.3 である。

# ~/.nodebrew/src にバイナリでダウンロード
# ~/.nodebrew/node に展開
nodebrew install-binary v10.16.3

# ~/.nodebrew/current のリンク先を指定先に変更する
# ~/.nodebrew/current/bin に nodebrew 自体のリンクを貼る
nodebrew use v10.16.3

全部 $HOME 以下に展開されるけど問題なく使えるようになった。
Gatekeeper の仕組みがイマイチわからないな。

Catalina Scripts

zsh でプロンプトのカスタムは以前書いたのだけど。
zsh | PaePoi

~/.zshenv ではなく ~/.zshrc に書く必要があるみたい。
~/.zshenv では Mojave には無かった /etc/zshrc に上書きされてしまう。

PROMPT でもいいみたいだけど PS1 変数も使えるみたい。
RPROMPT も問題ないけど筆者は Fedora と共通にしたいので以下のようにした。
ブラケットが無いとコマンドの始まりがドコなのかワカンネーもん。

# ~/.zshrc @ User specific environment

PATH="$HOME/.local/bin:$HOME/bin:$PATH"
export PATH

# Fedora like Prompt for bash
#PS1='[\u@\h \W]\$ '
# zsh
PS1="[%n@%m %1~]%# "
#RPROMPT="[%~]"

# alias
alias ll="ls -l"
alias jxa="osascript -i -l JavaScript"
alias jsc=/System/Library/Frameworks/JavaScriptCore.framework/Versions/A/Resources/jsc

atom は .zshrc 等を色分けしてくれる、素敵!
スクショ間違っていたので 20 時修正。

それと。
前回クイックアクションで 72dpi 変換ができなかった理由が判明。
iPhone でお馴染み、サンドボックス機能のアクセス許可で弾かれているようだ。

Automator から「指定されたFinder項目を取得」にデスクトップの画像を一旦入れ実行。
アラートが出るので [OK] をクリック、これで Automator からはアクセス可能になる。
しかしそれをやっても「クイックアクション」からはアクセスできない、失敗作だろコレ。

クイックアクションは死にました、チーン♪
いや修正は入る、かな…

これじゃ不便なので拡張のほうに変換スクリプトを作り替え。
macOS アプリを JXA (AppleScript) で拡張

#!/usr/bin/osascript

// change72dpi.js

let app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true;

let selections = Application('Finder').selection();
for (let item of selections) {
    if (item.nameExtension() === 'png') {
        let fullPath = decodeURI(item.url()).slice(7);
        let pos = fullPath.lastIndexOf('/');
        let path = fullPath.substr(0, pos);
        let name = item.name();
        app.doShellScript(`cd '${path}'
        src_width=$(sips -g pixelWidth '${name}' | cut -s -d ':' -f 2 | cut -c 2-)
        width=$(($src_width / 2))
        sips -s dpiHeight 72.0 -s dpiWidth 72.0 -Z $width '${name}' --out '72dpi-${name}'`);
	}
};

デスクトップのスクリーンショットを選択し実行。
アクセス許可アラートで [OK] を選択すると下記に表示されるようになる。

許可ばかりでサンドボックスの意味ネェ。
そもそもこんな Mac の使い方をする人は少ないだろうけど。
とりあえず当面はこの方法で 72dpi 変換するとしよう。

zsh も bash と同じく $((formula)) 計算できるのね。
てかバッククォートを JXA で使うのでシェル部分で使えないのは難しかった。
NSRect が使えればもっと簡単な手段があるのになぁ。

ところで Python3 なんだが。

macOS 10.15 Catalina 19A583にはPython 2.7.16、Ruby 2.6.3p62、Perl 5.18.4が同梱されるも、Python 2.7の使用は非推奨で”python3″を推奨。 | AAPL Ch.

元々インストールしていたマシンならそのまま使える、ってことか。
ただ筆者は 3.7.4 に更新していたのに 3.7.3 に巻き戻されてしまった。
多分今後も勝手にそうされるだろうからこのままにするけどさ。

今日はここまで。

macOS 10.15 Catalina

macOS 10.15 Catalina を導入しました。
Macbook Air 2018 の Mojave からのアップグレードです。
さて、一番気になる所をチェック。

デフォルトシェルは初期状態では bash のまま。
ただし [zsh に自分で変更しろ] というメッセージが毎回出る。
.bashrc でカスタムしていた所は .zshenv に変換コピペ等の猶予がある。
一通り調べた後で筆者も zsh に変更します。

Python2 も実は残っている、同様なメッセージが出る。
でも Python3 ってあれ?

筆者は自分で Python3 を入れたけど、それは /usr/local/bin にある。
デフォルトで /usr/bin に入るようになったみたい、情報が無かったけど。
シンボリックリンク先は同じなので残しても問題ないけど local のは消すかな。

PyObjC は pip3 で自分で入れたのだけどコレも最初からあるのかいな?
他人の情報を待とう。

筆者自作の Comipoli はソースもビルド済みも問題なく動いた。
ただソースのまま起動するのが異様に遅くなったような気が。
macOS アプリケーション

何より気になる JXA での NSRect のバグ。

そのまんまヤン!
もう JXA はダメだ、GUI は PyObjC に完全移行しよう。

httpd.conf はやはりリセットされた。
変更点は特に無いようだ、とっとと元に戻す。
macOS httpd.conf | PaePoi
んで

sudo apachectl restart

そんなことより。
sips を使ったスクリーンショットの 72dpi 変換ができない!
macOS をクイックアクションで拡張 – L’Isola di Niente
シェル変更の影響か?

#!/usr/bin/env python3

# change72dpi *.png

import sys, os
from AppKit import *
from Quartz.CoreGraphics import *

args = sys.argv[1:]

for s in args:
    name = os.path.basename(s)
    src_image = NSImage.alloc().initWithContentsOfFile_(name)
    img = NSBitmapImageRep.imageRepWithData_(src_image.TIFFRepresentation()).CGImage()
    h = CGImageGetHeight(img) // 2
    w = CGImageGetWidth(img) // 2
    ctx = CGBitmapContextCreate(None, w, h, 8, 4 * w, CGColorSpaceCreateDeviceRGB(), kCGImageAlphaPremultipliedLast)
    CGContextDrawImage(ctx, CGRectMake(0, 0, w, h), img)
    imgref = CGBitmapContextCreateImage(ctx)
    out_image = NSImage.alloc().initWithCGImage_size_(imgref, (w, h))
    bmp = NSBitmapImageRep.imageRepWithData_(out_image.TIFFRepresentation())
    data = bmp.representationUsingType_properties_(NSBitmapImageFileTypePNG, {})
    data.writeToFile_atomically_(f'72dpi-{name}', True)

以前書いた使い捨てスクリプトでなんとか 72dpi 変換した。
しかし端末でこんなの出ていたっけ?

とりあえず気がついたのはそんなところ。
相変わらず mac らしい使い方をしていないなぁ。

clip command (macOS)

前回ので思いついた。
コマンド出力をクリップボードに直接入れるコマンドがあったらいいな。
パイプで渡せば即コピー、変数を引数にするとそれをコピー。
JXA で簡単に作れそう。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

ObjC.import("Cocoa");
ObjC.import("unistd");

function run(argv) {
    let clipboard = $.NSPasteboard.generalPasteboard;
    clipboard.clearContents;
    if ($.isatty(0)) {
        let s = argv.join('\n');
        clipboard.setStringForType($(s), $.NSPasteboardTypeString);
    } else {
        let fhi = $.NSFileHandle.fileHandleWithStandardInput;
        let data = fhi.availableData;
        let res = $.NSString.alloc.initWithDataEncoding(data, $.NSUTF8StringEncoding).js.trim();
        clipboard.setStringForType(res, $.NSPasteboardTypeString);
    }
}

clip.js

# macOS 使いなら知っているだろうけど一応
cp clip.js clip
chmod +x clip
mv ($PATH の中のどこか)

# 使い方
ls -l | clip
clip $SHELL

こんな感じ。

Terminal.app からコピーする手間が省ける。
需要があるかどうかは微妙。

Automator Clipboard

クイックアクションのネタもう一つ。
やってみたら上手くいったので。

macOS でフルパスが必要な時、Terminal.app にドロップしてからコピー。
が有名な方法だけど正直面倒臭い、クリップボードに一発でコピーしたい。
minipoli を作った作者だもん、もう誰も覚えていないだろうけど。

クリップボードを使ってみる ? Swiftをはじめよう!

macOS では NSPasteboard を使うようだ。
クイックアクションで簡単に作れそう。
NSRect を使わないなら JXA でイケるな、よし。

Automator 起動、クイックアクションを新規作成。
[指定された Finder 項目を取得] を配置
[JavaScript を実行] を配置

ObjC.import("Cocoa");
function run(argv) {
    let s = argv.join('\n');
    let clipboard = $.NSPasteboard.generalPasteboard;
    clipboard.clearContents;
    clipboard.setStringForType($(s), $.NSPasteboardTypeString);
}

ファイル名コピー.workflow

NSPasteboardItem は必要なかった。
後はフルパスを得たいファイルを選択してコンテキストメニューから

後はそのままテキストエディタ等に貼り付けできます。
join(‘ ‘) にすれば端末用の空白区切り、等に応用できます。

ちなみに GNOME(GTK+) 環境では同様な処理は不可能。
クリップボードは特殊なバッファではなく単なるポインタだから。
コピー元アプリを終了させるとバッファを保持できなくてペースト不可になる。
Gedit と gnome-terminal で試してみるとすぐ解ると思う。
Linux ではフルパスを使うことは皆無に近いから別にいいんだけど。