JXA」タグアーカイブ

clip command (macOS)

前回ので思いついた。
コマンド出力をクリップボードに直接入れるコマンドがあったらいいな。
パイプで渡せば即コピー、変数を引数にするとそれをコピー。
JXA で簡単に作れそう。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

ObjC.import("Cocoa");
ObjC.import("unistd");

function run(argv) {
    let clipboard = $.NSPasteboard.generalPasteboard;
    clipboard.clearContents;
    if ($.isatty(0)) {
        let s = argv.join('\n');
        clipboard.setStringForType($(s), $.NSPasteboardTypeString);
    } else {
        let fhi = $.NSFileHandle.fileHandleWithStandardInput;
        let data = fhi.availableData;
        let res = $.NSString.alloc.initWithDataEncoding(data, $.NSUTF8StringEncoding).js.trim();
        clipboard.setStringForType(res, $.NSPasteboardTypeString);
    }
}

clip.js

# macOS 使いなら知っているだろうけど一応
cp clip.js clip
chmod +x clip
mv ($PATH の中のどこか)

# 使い方
ls -l | clip
clip $SHELL

こんな感じ。

Terminal.app からコピーする手間が省ける。
需要があるかどうかは微妙。

Automator Clipboard

クイックアクションのネタもう一つ。
やってみたら上手くいったので。

macOS でフルパスが必要な時、Terminal.app にドロップしてからコピー。
が有名な方法だけど正直面倒臭い、クリップボードに一発でコピーしたい。
minipoli を作った作者だもん、もう誰も覚えていないだろうけど。

クリップボードを使ってみる ? Swiftをはじめよう!

macOS では NSPasteboard を使うようだ。
クイックアクションで簡単に作れそう。
NSRect を使わないなら JXA でイケるな、よし。

Automator 起動、クイックアクションを新規作成。
[指定された Finder 項目を取得] を配置
[JavaScript を実行] を配置

ObjC.import("Cocoa");
function run(argv) {
    let s = argv.join('\n');
    let clipboard = $.NSPasteboard.generalPasteboard;
    clipboard.clearContents;
    clipboard.setStringForType($(s), $.NSPasteboardTypeString);
}

ファイル名コピー.workflow

NSPasteboardItem は必要なかった。
後はフルパスを得たいファイルを選択してコンテキストメニューから

後はそのままテキストエディタ等に貼り付けできます。
join(‘ ‘) にすれば端末用の空白区切り、等に応用できます。

ちなみに GNOME(GTK+) 環境では同様な処理は不可能。
クリップボードは特殊なバッファではなく単なるポインタだから。
コピー元アプリを終了させるとバッファを保持できなくてペースト不可になる。
Gedit と gnome-terminal で試してみるとすぐ解ると思う。
Linux ではフルパスを使うことは皆無に近いから別にいいんだけど。

Automator JXA and shell

サービスがいいMacBookにしておく – ザリガニが見ていた…。

Automator ってコンテキストメニューが作れるんだ!
この方法なら筆者が書いた Finder Script より簡単にシェルが使える。
macOS アプリを JXA (AppleScript) で拡張 – L’Isola di Niente
いや Nautilus スクリプトと同じように使えるというべきか。

では早速。
Mojave ではサービスではなく「クイックアクション」になっています。

リンク先ではテキストの選択だけど Finder での選択もイケそう。
「Finder 項目を表示」を挟む必要があるみたい。
早速同じ AppleScript を試すと、、、、、

あぁ、やはりパス名は古い mac 形式、いつものことだ。
しかしこの input は CR 改行区切りの文字列なのか配列なのか?
JXA でないと筆者は解らないので「JavaScript を実行」に置き換えて。

function run(input, parameters) {
	
	// Your script goes here
	let app = Application.currentApplication();
	app.includeStandardAdditions = true;
	//let s = input.toString().split('\r').join('\n');
	let s = input.join('\n');
	app.displayAlert(s);

	//return input;
}

うん、JXA だと input は JavaScript の配列になるようだ。
こっちだと UNIX パスになるな、何故かはワカンネ。
最後の return は次に続くチェーンが無いなら不要みたい。

んで、名前を付けて保存すると。

~/Library/Services/

以下に保存される、*.workfrow はディレクトリのようだ。
中にある info.plist の NSMenuItem キーからメニューを変名できる。

まて、よく見ると「シェルスクリプトを実行」のアクションがある。
AppleScript, JXA だけでなく直接 bash も使えるようで。
入力を「引数として」の選択肢もある、これならどうなる?

ところでカレントディレクトリは又してもルートなんだろうか。
と思って調べたら $HOME だった、どっちにしろ移動しなきゃ。
ファイル実行ではないので $0 では調べられない、と最初思ったけど。
ファイルを選択してコンテキストメニューなんだから $1 でいいヤン。

cd `dirname $1`
echo "$@" > out.txt

で保存して Finder で何か選択して実行。
選択したファイルがある位置に UNIX 形式パスが IFS 区切りでリダイレクトされるのが確認できるはず。
これでシェルを簡単に使えるようになるのでお好きなコマンドを。
JXA とチェーンを繋げればかなり高度な自動化ができそう。

JXA: File trash

現行の Fedora では

gio trash ファイル名

コマンドでゴミ箱にファイルを捨てることができる。
macOS でも jxa で同じことがしたい。

javascript – Send to Trash with JXA on Mac OS – Stack Overflow

あっさり見つかったけどこれ Finder.Item である必要があるヤン。
そうじゃなくて普通のコマンドとして使いたいんだよ。

[macOS] コマンドラインからゴミ箱へ削除するスクリプトを書きました – Qiita

同じことをやりたい人って結構いるみたい。
これを JXA に変換しようと思ったけどよく解らない。
Objective-c からの変換のほうが簡単って変な感じだお。

(旧) Cocoaの日々: NSWorkspace – recycleURLs:completionHandler:(ゴミ箱に捨てる/復活させる)

うん、こっちなら結構簡単に JXA 変換できそう。
と思って書いてみたけど完走しても動かなかった。

コマンドラインアプリケーションでのNSWorkspaceの利用 – XCode(4.6)でコ… – Yahoo!知恵袋

NSWorkspace は GUI でないといけないのかな。
多分ハンドラがあるので mainloop が必要なだけだと思うけど。
ならば NSApplication を使えばイケそうだ、やってみよう。

#!/usr/bin/osascript -l JavaScript

ObjC.import("Cocoa");

function run(argv) {
    let urls = [];
    for (path of argv) {
        urls.push($.NSURL.alloc.initFileURLWithPath($(path)));
    }
    $.NSWorkspace.sharedWorkspace.recycleURLsCompletionHandler($(urls), (newURLs, error)=> {
            console.log("done");
            $.NSApp.terminate(0);
        }
    );
    $.NSApplication.sharedApplication;
    $.NSApp.run;
}

trash

これを trash という拡張子の無いファイル名でパスの通った所に置いて。
拡張子を外すので -l オプションを忘れずに。

trash filename ...

ワイルドカードも使えるし日本語ファイル名もバッチリ(死語)だぜ!
こんな短いコードでできたお、変換だらけなのは JXA の宿命。

macOS httpd.conf

macOS Mojave で httpd.conf の設定。
現行は $HOME 以下にサイトを置いて PHP を使うだけなら三個所設定すればいいようだ。
PHP7 は最初から入っている。

ただ macOS は OS アップグレードで httpd.conf がリセットされてしまう。
Fedora はアップグレードしても内容を保持してくれるのに面倒臭い。
違いは PHP をデフォルトで有効にしているかだけみたい、PHP にもバージョンがあるし。

変更する箇所は決まっているので難しいことはないけど何度もやるのは面倒。
だったら書き換えスクリプトを JXA で作っておけば楽でね?
JavaScript なら replace でアッサリ書き換えできるのがいいよね。
前回のことがあるけど GUI を使わないなら問題なく動くようだ。

#!/usr/bin/osascript

// sudo osascript apache_setup.js

ObjC.import("Cocoa");

let nil = $();
let conf = $("/etc/apache2/httpd.conf");
let root = "/Users/sasakima-nao/www";
 
// Read
let s = $.NSString.alloc.initWithContentsOfFileEncodingError(conf, $.NSUTF8StringEncoding, nil).js;
s = s.replace(
    '#LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so',
    'LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so'
);
s = s.replace(
    'DocumentRoot "/Library/WebServer/Documents"',
    `DocumentRoot "${root}"`
);
s = s.replace(
    '<Directory "/Library/WebServer/Documents">',
    `<Directory "${root}">`
);
// Write
let res = $(s).writeToFileAtomicallyEncodingError(conf, true, $.NSUTF8StringEncoding, nil);
if (res) {
    console.log("Write Success!");
}

apache_setup.js

を実行して。

sudo apachectl restart
open http://localhost/

で動作確認できるのは知っているよね。
実は同じ LAN に繋がっているスマホやパソコンがあるなら更に。

http://コンピューター名.local

でアクセスできるよ。
もちろん ifconfig からローカル IP を得てアクセスでも同じ。
これでスマホでのサイト作り時の見栄え確認が簡単に。

ちなみに NetworkManager を使っている Linux でも同じだったりする。
Fedora の場合は firewall-config で http のポートを空けてね。

ところで NetworkManager のメンテをしているのは Redhat です。
例の買収時にネットの反応に驚いたよ、皆 GUI しか見ていないのかと。