カテゴリー別アーカイブ: Programming

Fedora 29 OpenJDK

Fedora 29 では OpenJDK が 1.8 から 11 になった。
いきなり凄いバージョンアップだよなぁ、って違う!
IcedTea ベースの今までと違い Oracle のソースになったみたい。

Java 11正式版がリリース、本バージョンからOracle JDKのサポートは有償に。OpenJDKで無償の長期サポート提供は現時点で期待薄 ? Publickey

なんか色々あるようだけど。
RHEL の先行開発版である Fedora には RHEL 用のそのままが使われると思う。
サポート切れや脆弱性については後ろに RedHat がいるので何も問題ない。

それはいいとして。
jjs は 29 でも実行できるけどアップグレードされていないので es6 は使えない。
GraalVM は dnf list でも出てこない、うーん。

とりあえず Java 11 はコンパイルなしで実行できるらしいので試してみよう。

JEP 330: Launch Single-File Source-Code Programs

なんとシバンが使えるようだ。
つまり Java 言語のまま普通のスクリプトとして使える、よし早速。

#!/usr/bin/java --source 11
// -*- Mode: Java -*-

public class Hoge {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.printf("%s\n", "ほげ");
    }
}

動いたけど…

結論、インタプリタ実行しているのではない。
メモリ上にコンパイルしてソレを実行しているだけのようだ。
つまり javac が必要、Fedora デフォルトには入っていない。

sudo dnf install java-11-openjdk-devel

それと、シバンを使う時は拡張子を取っ払う必要がある。
Gedit で色分けできないのでモードラインを使いましょう。

*.java 拡張子をつけたまま usr/bin/java に渡すこともできる。
この時はシバンがあるとエラーになる、なんかもどかしい。

ようするに拡張子が無い場合は一行目を無視する、って感じの単純な実装みたい。
macOS ならそれでいいんだけどね。

enable_emoji_completion

Fedora 29 の GTK+ は 3.24 のままだ。
開発者、システム管理者向けの新規事項

だけど上記に書いてある(英語)とおりチョッピリ追加機能がある。
GtkEntry に enable-emoji-completion property が追加されたようだ。
早速試してみよう。

#!/usr/bin/gjs

imports.gi.versions.Gtk = "3.0";
const Gtk = imports.gi.Gtk;
Gtk.init(null);

let w = new Gtk.Window();
w.connect("delete-event", ()=>Gtk.main_quit());
let e = new Gtk.Entry();
e.enable_emoji_completion = true;
w.add(e);
w.show_all();
Gtk.main()

たとえば sushi の絵文字が使いたいな、ってなった時。
コロンの後に打ち込んでいくと

と出て来るので上下矢印キーかマウスで選択して流し込む。
最後まで打ち込んでコロンを打つでは無視されてしまうので注意。

ぶっちゃけコレ GtkTextView でもできないと意味がないような。。。。。
Gtk4 ではどうなるのかな。

ところで今回からこの手の投稿は GTK+ 等のライブラリ名タグに変更します。
gir はどんな言語でも同じだものね。
今迄 Python とか言語名で作ったページの変更をするかどうかは未定。

GraalVM Community Edition

JavaでJavaScriptを実行する「Nashorn」が非推奨に、ECMAScriptの速い進化に追いつけないと。代替案はGraalVM ? Publickey

今頃知った、覚書ページはどうしよう?
てか色々検索したけど GraalVM って何なのかよくワカラン。
とりあえず公式サイトのインストールページでも。

Getting started with GraalVM

js や node コマンドが含まれているみたい。
GNOME だと mozjs と被るヤン、モノホン node.js 入れていたら被るヤン!
使う時だけ先にパスが通るようにする必要があるな。

ダウンロードした tar.gz を展開、とりあえずホームに置く。
~/bin に以下を jjjs という仮の名前で置いて +x パーミッション。

#!/bin/sh

export PATH=~/graalvm-ce-1.0.0-rc6/bin:$PATH
[[ $# -eq 0 ]] && js --jvm || js --jvm $1

これで振り分けできる、print, console.log 両方使えてワロタ!
インポートは Nashorn と同じみたい、ES6 はどうなった?

const System  = Java.type("java.lang.System");
 
class GraalvmTest {
    constructor() {
        System.out.println("May I ask your name?");
        let console = System.console();
        let s = console.readLine();
        print(`Hello ${s} !`);
    }
}
new GraalvmTest();

カオス!

ES6 も完全に使えるようです。
Nashorn のもどかしさもないし結構面白いかも。
OpenJDK ベースだし次の Fedora には入っているのかな?

JXA: doShellScript Line feed code

macOS の JXA で
doShellScript(“ls -l”);
とやっても一行目しか得られない、と思っていました。

#!/usr/bin/osascript
 
let app = Application.currentApplication();
app.includeStandardAdditions = true;
let res = app.doShellScript("pwd");
console.log(res);

res = app.doShellScript("ls -l");
//console.log(res);
let output = res.split("\r").join("\n");
console.log(output);

replace じゃ駄目。

これなら全部表示できる。
doShellScript が戻す文字列の改行コードは CR だったようだ。
古い mac のままな部分が色々あって面倒臭いや。
とにかくコレさえ解れば色々応用できそう。

ところで iPhone XS 買いました、iPhone 7 からの機種変更。
13インチの廉価版MacBookが9月にやってくる!?
これを期待していたのに出ないんでヤケクソで。

au shop から家に帰って初期化して iCloud から復元を選択。
「他の iCloud デバイスに確認コードを送信しました」
と出たので慌てて Macbook Air を引っ張り出す。
コレって Mac や iPad を持っていない人だとどうなるんだろう?

SyntaxHighlighter template literal

よく考えたら SyntaxHighlighter は JavaScript だった。
ES6 のテンプレートリテラルが色分けされないことが気になっていたんだよね。
よし、自分でカスタムしよう!

//{ regex: /\$\{\w+\}/g, css: 'keyword'},
{ regex: /\`[^\`]*\`/gm, css: 'string'}

を shBrushJScript.js の this.regexList に追加するだけだった。
コメントアウトしたほうで $ 変数が強調されるはずなんだけど…
色分け内部の色分けはできないみたい、残念。

変わらない人は Ctrl+F5 を押してね。

これだけで更新ってのも考え物だし、えっと。
そういえば前回ウインドウズ信者がとか書いたけど
10 が出てもう何年かたっているんだよな、ぶっちゃけ触ったことすら無い。
もう本サイトの情報も絶対に古いよな、いいかげんに消すことにした。

そうすると OS カテゴリが macOS だけになってスカスカなので移動して。
ついでだから comipoli jxa 版も置いてしまえで。
スゲェ時期外れなリニューアルになってしまった。