カテゴリー別アーカイブ: Life

SYM New Fighter 150 ZR

150cc のスクーターが気になる。
自分の利用範囲から 125cc くらいのサイズと重量が丁度イイ。
けどピンクナンバーでは自動車専用道路の無料区間すら走れないのは困る。
大型と二台持ちをするほど二輪が大好きなわけじゃない、つかそんな贅沢は無理。
ならば 150cc という手段があるじゃないかと。

とはいえピンクナンバーより割高な維持費を払う価値はあるのだろうか?
実際に高速道路はどうなのよ、長距離ツーリングはどうなのよ?

ということで自分で試す。
現在の愛車は台湾 SYM の New Fighter 150 ZR というマシン。
PCX は多過ぎなのと 125 とデザインが同じことが気に入らずコレを選んだ。

さて、愛知から山口へ往復の三泊四日の旅へ。
下関市(旧豊浦郡)の実家に用事があっただけなんだが、ついでに。

まず名神高速で一宮 IC から吹田 JCT へ。
近畿道に入り大阪南港のフェリー乗り場まで。
門司港までフェリー、関門トンネルを通り R191 に入り実家へ。

帰りは国道 9 号線を観光しながらオール下道、米子で一泊。
という高速道路と長距離とついでにフェリーというコースにした。

**********

さてこのマシンで初めての高速道路だ。
ガソリンを満タンにしてイザ一宮 IC へ。

あれ、普通に走れる。
100Km/h ちょっとしか出ないマシンだが全然怖くない、意外だ。
もちろん遅いトラックの後を付いていっているだけですけど。
直進安定性も問題なし、やるな台湾製。

前車が 70Km/h 以下になったら追い越しをかけることもできた。
でも関ヶ原の上りでは 80Km/h を切りそうになり焦る。
やはり高速の上りはキツい、今度から新名神ルートにしよう。

草津 PA で給油、いやこのマシンは 120Km 程度でランプが付くので。
燃費は街乗り平均 32、高速は今回だけだが 36 程度というところか。
慣らし中は 40 いったんだけどな、回すとこんなものか。

近畿道に入り渋滞を挟みながら順調にフェリー乗り場へ。
手続きを済ませ時間が余ったのでガソリンを入れに。
もう少しタンクを大きくできなかったのかなぁ。

ということで 150cc にて高速道路を走ってみた感想。

「登坂車線を走るなんて俺のプライドが許さないぜ!」
というお金で手に入るものにしがみ付く器の小さい人間でなければ充分に走れます。
多分軽トラックで走っているような感覚かと。

意外だったのは高速走行で全然疲れない、特に手がまったく痺れない。
以前乗っていた CBR250R はたった二区間で手が真っ白になっていたのだが。
排気量ダウンなので更に酷いのを覚悟していたけど不要な心配だった。
スクーターなので足は当然疲れないw

12 インチの小さいホイルのくせに安定感も充分。
欠点は本当に上り坂とガソリンタンク容量だけ。

車種によって違うだろうけど Fighter ならこんな感じ。
積極的に使いたいとは思わないけど問題は無いというレベル。

フェリーは予定通り門司港に午前 5:30 到着。
いざ下関へ、150cc の関門トンネル通行料金は百円だった。
ちなみに関門トンネルは二輪ではクソ熱い、関門橋のほうを勧める。

IMG_0012

毘沙ノ鼻は 8:30 まで開いていないので注意。
帰りの山陰下道は次回。

Google Map and My Tracks

なんか Google Map で GPS 軌跡情報を表示できると今頃知った。
バイク関連の Blog ではよく Google Earth のスクリーンショットでツーリングルートを表示とかやっているけど Web でできるならコッチのほうが便利だ。
バイク Blog に鞍替えする気は無いけど何かやりたいぞ。

というのも Earth を Fedora 17 にインストールしたが起動できん!
日本語では古い情報しか見つからず役に立たない、メリケンで検索!

E-Wadda’s Blog: How to install Google Earth on Fedora 17 64-bit

redhat-lsb って何?

redhat-lsb

ディストリビューション間での互換パッケージセットって嫌な予感しかない。
試しで yum コマンドを打ってみたら古いバージョンらしきパッケージがズラッと。
やっぱりそうなるよな、現行のパッケージと住み分けられんのか。

ヤメた、Google Earth は必要ならばミニノートの Windows 7 で使おう。
一応 Fedora 用の rpm は存在するよと、私は削除したけど。
Google Earth

そういえば以前は Windows アプリを Linux で使うとか WindowsForm でクロスプラットホームとか頭がおかしいブログ主がイッパイいたけどさすがに減ったな。
デスクトップはフル HD で Linux、んでミニノートの Windows を持つのが最強。
大型バイクと原付二種の二台持ちみたいなもんだ。

********************

ということで実験。
昨日近からず遠からずな約 100Km 離れた油坂峠まで行ってきた。

行きは川沿いののどかな景色と風を堪能しつつモバイル Google Map と GPS を便りにブラブラ寄り道しながら。
やっぱりバイクとスマートフォンの組み合わせは最強だ。

しかし車間距離を多めにとってノンビリ走っていると面白いように抜かれる。
いや、早くないので有名な CBR250R とはいえ流石にアンタの軽よりは早いんだが…
とか少し思ったりするけど笑っていられるのは多分歳のせい。

峠を攻め…なんて危険なコトはせず、慎重にマージンをたっぷりつけて。
つかココって思っていたより道が荒くて狭かったし。

帰りに My Tracks アプリで記録開始。
トンネルでどうなるか見たいので峠を避けバイパス側を通ることにする。
結構混んでいたけど約二時間ノンストップで家まで Go!
住居を晒してもしょーがないからゴールは免許を取った江南自動車学校前に。

記録データを My Tracks から KML で書き出し。
SD カード経由でパソコンにコピー。
このスマホ(SO-02D)は内部ストレージが /mnt/sdcard で SD カードが /mnt/usbdisk って最初戸惑ったわい。

Windows の Google Earth に KML を読み込んでみたのが上記。
あんなにウネウネしているのにこう見ると意外にまっすぐなんだな。
航空写真もいいけどマップみたく「地図」表示にできないのかな。
拡大するとトンネルはやはりショートカットされとる、なるほど。

さて Fedora 上の Google Chrome で Google Map を開く。
「マイプレイス」→「地図を作成」→「インポート」
とリンクを辿りローカルの KML ファイルを指定。
見事 Map に書き出されっっっっっって、アレ?

四分割されちゃった、三十分区切りってことなのか?

航空写真にして拡大すると、こりゃ記録間隔が細かすぎだということか。
google map kml 分割 なんてワードで検索したらワラワラ出てくるし。
KML の XML を直接読むと約一秒毎で記録しとるみたい、無駄すぎ。

今度は My Tracks の時間間隔や距離間隔設定を少し広げて試してみよう。
近距離なら細かいほうがいいけど長距離ツーなら大雑把で充分だし。
Google Earth を使うなら別に問題無いとはいえ時代はクラウドだよ NE!

library

愛知県図書館

に行った。
「わたしはあなたに会ったことがある、覚えてる?図書館のこと。」
は全然関係無い。

どうでもいいけど library って翻訳すると図書館なんだね。

とにかくデカッ!
小牧岩倉のと規模が全然チゲェ!
しかも超綺麗、あの独特な学校臭さは皆無。
名古屋市内だけあって人も多い、寝ている人も多いのはどこも同じ。

ぐるりと回ってみる。
巨大スペースを生かした配置が上手いのか読んでみたい本がいくつも見つかる。
つか棚が多すぎて全部を見きるなんて無理。

これらが読み放題、ソファーに座って読んでも怒られない。
しかも無料どころか借りて持ち帰りさえできるんだから恐ろしい。
こんな場所はもっと活用しなければもったいないとさえ思ってしまう。

机のある閲覧席が山ほどある、席は埋まっていたけど。
NTT の無線 LAN が使えるみたい、席は埋まっていたけど。
全国の新聞まで揃っている、私には関係無いけど。
5階のスガキヤで飯も食える、外の喫煙所近辺に自販機は無いけど。
駐車場が小さい、こりゃ原付か電車しかないな。

でも本をじっくり読んでいると眠くなるのよね。
やはりミニノートを持ち込んでアレコレしながら活用したくなる。
あと近場に軽食屋が見当たらなかった。

プログラミングや Linux の本が少々古めとはいえ沢山あるなんて冗談みたい。
この手の本は覚えたら終わりなことが多いからレンタルできれば嬉しいわけで。
これはネタ切れで止まっている臭い Blog をなんとかでき…ゲフンゲフン。
思わず貸出カードを作ってしまった、遠いけど三週間借りられるし…

最後に。
貸出カードが作れずに困っているメガネの女の子はいませんでした。

BlackBerry Multimedia

動画や音楽を BlackBerry に入れてみようと考えた。

何故だか BlackBerry Desktop Manager が aspire 1410 にインストールできない。
インストーラが Windows 7 未対応なのか 64bit 未対応なのか CD 自体が不良品か?

そんなことより…
実は私はマルチメディア関連は Mandriva Linux にしか入れていない。
一度 Windows 7 ミニノートに移して転送なんてメンドクセェ!

どうせ microSD 経由なんだから Linux でも直接転送できるはずだ。
ということでやってみた。

BlackBerry にまず空の microSD を突っ込む。
一度裏蓋を外して押し込まないと認識できない。
んでテキトーにカメラで写真を撮影して microSD に保存。

microSD を外す、毛抜きでも使わないと外せないぞこのやろう。
ソレを Linux に持っていって Nautilus で開いてみる

見事標準ディレクトリが全部作成されているので適材適所にファイルを放り込む。
BlackBerry に microSD を戻して、おぉそれだけでファイルを認識し一覧に現れるヤン。
当然普通に再生できる、H.264 は再生できないファイルもあったが aac や wmv は完璧。
なんだよ、こういう転送だけなら Desktop Manager いらないやん。

ちなみに Mandriva にて BlackBerry で撮影した 3gp 動画を再生するには

を PLF リポジトリから入れる必要があった。
とにかくスマートフォンは着信音が自由に選べるのがいいね。

BlackBerry は腕時計代用には辛い

最近の若い奴は大半が腕時計をしていない。

「時間の確認なんてケータイで十分ヤン」

と何度も聞いた。
私自身さえも以前は便利を否定する発言の意味すら理解できなかった。

しかし最近解った。
何年かぶりにロレックスをあーだこーだ言う人に出会ってしまったから。
その手の興味が薄い私より知識が浅いんですけど本当にロレックスの良さを理解しているの?

その人とは別人だが以前 BMW は素晴らしいと宣って実際に乗っている知り合いがいた。
BMW は妥協の塊である Z シリーズを除き必ず着座位置が前後タイヤの中心になるよう設計している。
ちなみに日本車でソレをやっているのは私の知る限り RX-7 という古い車ただ一つである。
だから素晴らしい、基本ボディ剛性の高さを含めてドライバーズセダンという表元は正しい。
彼が運転する BMW の後ろの席に座った時に意地悪で

「このタイヤハウスの出っ張りのせいで狭いんだけーが」

と言ってみたらキレられてしまったw
何故後席が異様に狭いのかを説明すらできないのに BMW を絶賛してやんの!
ドライバーズシートを後ろに下げた結果で後席がタイヤハウス直近までに押しやられてしまったんだよ!
はいはい、値段が高いもの、もしくは皆がイイというものは「素晴らしいもの」なんですね。

何を言いたいか解るとおり高級車や腕時計から若者が離れたのは「高級感」より実益にシフトしたこと。
知識の無い大人が根拠の無い高級感だけで「イイ」というものに若者が拒否反応をした結果が今。
だって少し検索すれば本当のレビューなんて腐るほど見つかる時代なんだもの。
そんな「知識が無い大人」に限って声がデカいから尚更だ、不景気なんて都合がいい言い訳にすぎない。

と、長い前置きはこれくらいにして。

BlackBerry は腕時計の代わりにポケットから出してサッと時間確認には超辛い。
でもこれは iPhone やストレート式及びスライド式全般にも言えるかも。
ガラパゴスケータイだからこその折りたたみ式ばかりだったからである利用方法の極みかも。

少なくとも
メニュー→オプション→画面/キーボード
から左右サイドボタンは両方「なし」に変更しないとポケットの中で知らぬ間にカメラになってしまう。

ブラックベリーボールドの「時計」 – BlackBerry な毎日

これで好みの表示形式に変更はできるけど使いにくいのは変わらない、デスクトップ時計は小さいし。
私自身もケータイ時計は利用するようになってしまったんだけーがなぁ…