LOKDocView

本日の Fedora アップデートでこんなのが出た。

LOKDocView って何だ?

Development/Integrating LOKDocView and GNOME Documents – The Document Foundation Wiki

libreoffice 文書を GNOME Document で表示する API なのか。
ということは gir でバインドされているのかな。

普通にあったわ、コレって今まであったっけ?
まあそれはいいや、さてサンプルコードを探してみよう。

GitHub – pranavk/lokdocviewer: An application for testing LOKDocView

js/py 両方用意してくれているとは親切ですね。
しかし new メソッドの引数が PyGObject は 2 つで Gjs は 3 つ。
Gjs らしく new キーワードに書き換えるとコアダンプ。

#!/usr/bin/gjs

const Gtk = imports.gi.Gtk;
const LOKDocView = imports.gi.LOKDocView;
const Lang = imports.lang;

const LOKWindow = new Lang.Class({
    Name: 'LOKWindow',
    Extends: Gtk.ApplicationWindow,

    _init: function(app) {
        this.parent({
            application: app
        });
        // Segmentation fault
        //this.view = new LOKDocView.View();
        this.view = LOKDocView.View.new(null, null, null); // OK
        this.view.open_document(
            "/home/sasakima-nao/syokumu.odt",
            "{}",
            null,
            Lang.bind(this, function() {
                this.view.set_edit(true);
            }),
            null);
        let sw = new Gtk.ScrolledWindow();
        sw.add(this.view);
        this.add(sw);
        //
        this.show_all();
    }
});

let app = new Gtk.Application();
app.connect("activate", function() {
    new LOKWindow(app);
});
app.run(null);

前々回みたいな問題があるし…
GNOME はぶっちゃけ Gjs に全面移行したいのだろうけどまだ問題が多いなぁ。
てか Python はサードパーティなのに対応っぷりがスゲェ。
当面は Python と併用が続くのだろう。

コレを使って何か作るかな、ここんとこネタ切れなのは秘密だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。