L'Isola di Niente
L'Isola di Niente » C and GLib Tips » Autotools

Autotools

Autotools は configure スクリプトを半自動生成するジェネレータの総称。
細かいことはもっと詳しいサイトにまかせてココでは大雑把な使い方を解説。

使い方

Makefile.am (Makefile を作る雛形)を自力で作る
必要ファイルを作成(中身は空でも問題無い)
touch NEWS AUTHORS ChangeLog

autoscan コマンドを実行し configure.scan を生成
configure.scan を configure.ac にリネーム(or コピー)し必要箇所を書き換える

後はひたすら以下のコマンドを打ち込んでいく
# aclocal.m4を生成
aclocal
# config.h.in を生成
autoheader
# Makefile.in を生成
automake -a -c
# configure スクリプトを生成
autoconf

autogen.sh

上記「後はひたすら〜」以下は常に行う作業なのでスクリプトにまとめる
autogen.sh というファイル名にするのがお約束となっています

以降リビルドは autogen.sh を実行するだけ
これを面倒と思うかどうかはプロジェクトの規模によると思う

autoreconf

autogen.sh の作業さえも自動化するコマンドだと思えばいいようです
ただし初回の Makefile.in は作成しないので初回のみ automake を行う

配布パッケージの作成

# Makefile が作成できるか確認
configure
# ビルド可能か確認
make
# 配布用パッケージを作成
make distcheck
# クリーンアップ
make distclean
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2017.