L'Isola di Niente
L'Isola di Niente » Fedora Linux Tips » Fedora etc...

Fedora etc...

# yum コマンドが使えない
Fedora 21 以降は dnf コマンドに変わりました
install 等のオプションは完全互換

# gnome-software からパッケージのインストールが失敗する
sudo dnf install パッケージ名
#
# パッケージ名が解らない場合
# dnf list > dnf.txt
# とリダイレクトで書き出ししておくと便利
#

# アップデートがうまくいかない
sudo dnf update
#
# これで UnicodeError になるなら
# 一度[地域と言語]から英語環境に変更して行うとイケる
# てか、dnf のバグ
#

# google-chrome の公開鍵が...で update できん!
# sudo dnf update
# にて下記 URL からどうのこうのと出たら y でもイケるはず
sudo rpm --import https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub

# SELinux の On/Off と状態確認
# 状態確認、Enforcing なら On で Permissive なら Off
getenforce
# On にする
sudo setenforce 1
# Off にする
sudo setenforce 0
# SELinux を起動時から無効化(筆者はしていない)
/etc/selinux/config にて SELINUX=disabled に書き換え再起動

# Ctrl+Alt+F2〜F12 を押して真っ黒になった!
慌てずに Ctrl+Alt+F1 を押して X に戻りましょう

# GNOME Shell 再起動
Alt+F2 から 'r' と一文字だけ打ち込んで Enter

# ホスト名の変更
詳細設定ダイアログのデバイス名にて GUI で変更できます
img/hostname.png

# GNOME 3.14 からの Wayland
X から置き換わる予定のディスプレイサーバ
新機能ではなく新技術なのでエンドユーザーは気にしない

# GNOME 3.8 からの classic mode
GNOME2 風になるだけで 3D デスクトップのままなので注意

# 強制フォールバックモード
GNOME 3.8 で廃止されました

# 何故か起動毎に隠しファイルが表示されるようになった
Nautilus の設定ではなく Gedit 等の GTK3 アプリの[開く]ダイアログにて Ctrl+H
org.gtk.Settings.FileChooser show-hidden のほうが優先される

# シャットダウン、サスペンドの切り替え
メニューを出した状態で Alt キー

# アップデートに何故か朝鮮語
ibus-hangul, libhangul の2つを削除

# ランチャから多重起動
右クリックメニュー、もしくは Ctrl + クリック

# gksu が使いたい(sudo だと端末からしか行えない)
beesu というものがまったく同じに使えます

# Libre Office が英語なんだけど...
sudo dnf install libreoffice-langpack-ja

# 最大化、最小化ボタンがほしい
# GNOME 3.14 から
gsettings set org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout appmenu:minimize,maximize,close
# 戻す
gsettings reset org.gnome.desktop.wm.preferences button-layout

# GNOME 3.12 以前
gsettings set org.gnome.shell.overrides button-layout :minimize,maximize,close
# 戻す
gsettings reset org.gnome.shell.overrides button-layout

# GNOME アプリの実名(コマンド)
アプリ名実名
ファイルnautilus
ビデオtotem
アーカイブマネージャーfile-roller
メモbijiben
画像ビューアーeog
ドキュメントビューアーevince
ファイアウォールfirewall-config
端末gnome-terminal
ソフトウェアgnome-software
スクリーンショットgnome-screenshot
ドキュメントgnome-documents

# GUI 設定ツール
アプリ概要
dconf-editorGTK3 アプリ設定
gconf-editorGTK2 アプリ設定
gnome-tweak-tooldconf-editor が使えないバカ用
gnome-session-properties自動起動するアプリケーション
gnome-shell-extension-prefsextension.js
seahorseキーリング
nvidia-settingsNVidia じゃないならいらない
alacarteメニュー

# 開発環境
# gcc 及び GTK+ ヘッダを一括で
sudo dnf install gcc gtk3-devel
# Devhelp と GLib 等のドキュメント
sudo dnf install glib2-doc gtk3-devel-docs devhelp
# C++
sudo dnf install gcc-c++
# Vala
sudo dnf install vala

# sudo が使えない
システム設定→ユーザー→[ロック解除]ボタンを押し管理者パスワード
「アカウントの種類」を管理者に変更で /etc/sysconfig/group が書き換えられ使えるようになる
usermod コマンドでもいいけど
img/sudo.png

# サービス
Fedora は 15 以降サービスが SysV から systemd に変更されています。
起動スクリプトは /etc/init.d から /usr/lib/systemd/system に移動(x86_64 も同じ)している。
一部 (httpd 等) は互換で残されていたけど 17 より完全に移行したようです。
なので chkconfig ではなく systemctl コマンドを使う必要があります。
# サービス一覧
systemctl -t service

# サービスの(開始|停止|状態確認)
sudo systemctl start|stop|status hoge.service

# 次回起動時よりサービスの自動開始(有効|無効)
sudo systemctl enable|disable hoge.service

# 古いコマンドの覚書
chkconfig –list
sudo /etc/init.d/hoge start|stop|status
sudo chkconfig hoge on|off

# ABRT サービスの停止
以下コマンドで表示されたサービスをすべて stop, disable にする
systemctl -t service | grep abrt

# signal 情報を確認
xev コマンドを gnome-terminal から

# OpenGL 情報を確認
glxinfo コマンドを使います
# ダイレクトレンダリングチェック
glxinfo | grep direct
#=> direct rendering Yes なら 3D デスクトップが使える

# レンダラの確認(出力例は Radeon)
glxinfo | grep renderer
#=> OpenGL renderer string: Gallium 0.4 on AMD RS880

# SD Card のフォーマット
# mount コマンドで接続情報を見る
# 必ず /dev/sd* なので以下のように
mount | grep /dev/sd
# それらしきものを mkfs コマンドでフォーマット
# 以下は /dev/sdb1 だった場合
mkfs -t msdos /dev/sdb1

# virsh (qemu KVM 仮想マシンシェル) コマンド
# 下記の hoge は一覧に出て来る名前

virsh list            起動中の仮想マシンを一覧表示
virsh list --all      停止中の仮想マシンを含めて一覧表示
virsh start hoge      仮想マシンを起動
virsh shutdown hoge   仮想マシンをシャットダウン
virsh destroy hoge    仮想マシンを強制停止

# Gnome Boxes
# Boxes 自体の設定
~/.config/gnome-boxes/sources/QEMU Session

# 仮想イメージ本体
~/.local/share/gnome-boxes/images/hoge

# 仮想イメージの設定
~/.libvirt/quem/hoge.xml

パス覚書

概要位置
pkgconfig/usr/lib64/pkgconfig & /usr/share/pkgconfig
girepository/usr/lib64/girepository-1.0
Gedit Plugin~/.local/share/gedit/plugins
eog Plugin~/.local/share/eog/plugins (3.8 以降)
GSettings/usr/share/glib-2.0/schemas

# 変更になったもの
アイコン位置 /usr/share/pixmaps → /usr/share/icons/hicolor/48x48/apps
リムーバブルメディアのマウント先 /media/ → /run/media/$USER/

おまけ

# CPU 温度が見たい
lm_sensors というコマンドラインアプリがあるのでインストール
# sudo sensors-detect
で適当に(ぉい!)YES や no を指定し初期設定を行う
# sensors
で表示、環境によって表示されるものは異なるようだ。
img/sensors.png
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2017.