L'Isola di Niente
L'Isola di Niente » Fedora Linux Tips » codec と Flash

codec と Flash

Fedora で動画や音声はライセンスの都合で初期状態では WebM, OGG しか再生できない。
再生だけならデコーダー内蔵のプレイヤーを使うという方法がある。
しかし Nautilus で動画のサムネイル表示ができませんし色々不便。

又、Firefox を使うなら Flash も現状では必要不可欠。

ということで上記のリポジトリ追加方法とインストール方法を。
リポジトリ追加なのでアップデートにしっかり追従します。

# 最終更新日 2016.11.27

動画/音声 codec (UnitedRPMs)

筆者は現在コッチを利用しております。

United RPMS by UnitedRPMs に行く。
The instructions のリンク先のとうりにコマンドを打つ。

GPG キーのインポートも忘れずに。
やらなくてもアップデート時にコマンドが自動的にうながしてくれますけど。

後は gnome-software のアドオンから導入できます。

img/gst_codec.png

ついでに、デコーダー導入前に動画ファイルを表示してサムネイル作成が行われなかった場合
~/.cache/thumbnails 以下を一旦削除すれば再作成してくれます。

動画/音声 codec (RPM Fusion)

上記 UnitedRPMs とはかぶっているパッケージが多いので同居しないほうがいいです。
なので Fedora 25 以降は試していませんが多分変わっていない。

RPM Fusion - RPM Fusion に必ず Firefox で行く。
Enable RPM Fusion on your system のリンクをクリック。
Graphical Setup via Firefox web browser 以下から該当バージョンを両方をクリック。
gnome-softwere が立ち上がるのでインストールを選択。

ページ下方のコマンドを打ち込みでも結果は同じ。

上記でインストールされたリポジトリからデコーダーの導入。
gnome-software アプリではインストールできなくなったようです。
下記コマンドで一括導入できる。
sudo dnf install gstreamer1-libav \
gstreamer1-plugins-base \
gstreamer1-plugins-good \
gstreamer1-plugins-bad-free \
gstreamer1-plugins-ugly

又は Totem を立ち上げいくつかの動画をドロップし指示に従う。

Flash の導入

Chrome ブラウザ
を使うならパッケージに同梱されていますので下記作業は不要です。

Adobe - Adobe Flash Playerのインストール に必ず Firefox で行く。
YUM を選択し指示に従うとリポジトリに追加される、インストールはされない。
後は以下のコマンドでインストール。
sudo dnf install flash-plugin
現在は x86_64 用 Flash も存在する。
Linux 用 Flash 自体は 11.2 以降セキュリティ更新のみになるようです。
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2017.