L'Isola di Niente
L'Isola di Niente » Fedora Linux Tips » Fedora と macOS, iOS でファイル共有

Fedora と macOS, iOS でファイル共有

Apple Filing Protocol - Wikipedia (afp://) は macOS High Sierra より非推奨になりました
Windows 同様に samba を利用してください、最初から入っています

最終更新日 2018.01.04

接続

Fedora は特に何も設定する必要がありません

同じ LAN (無線でいい)に繋がった Fedora 及び Mac を用意。
筆者は自作デスクトップマシンの Fedora と MacBook Air の組み合わせです。

Mac の共有設定を開きコンピュータ名を決め [ファイル共有] を有効にする。
ココでは [mba] という名前にしています。

macos/mac_samba1.png

オプションをクリックして SMB を有効にします。
AFP の設定が残っていますが筆者の環境ではもう接続できなくなっていました。

macos/mac_samba2.png

Fedora の Nautilus から [他の場所 / Windows ネットワーク] で辿れるはずです。
しかし上手く見つからない場合は Ctrl+L でロケーションバーを出して
smb://macOSのコンピューター名.local/

macos/fedora_nautilus.png

以下のダイアログが出るので macOS のユーザー名とパスワードを入力。
ドメインは個人利用なら気にしなくてもいい。

macos/fedora_samba.png

Nautilus をもうひとつ立ち上げ双方向に D&D でコピペできます。
Mac のデフォルトディレクトリ名は実名で表示されるので戸惑わないように。

macOS からは Apple 関連以外の接続を考慮していないようなので Fedora からのみで。
Apple はサンドボックス化を進めているのでこれもいつまで使えるか解らないですけど。

iPhone との接続

普通に USB ケーブルで接続するだけで AFC 接続され...
ていましたが現在は gphoto2 プロトコルのみになったようです。

macos/iphone.png

上記ダイアログで [信頼] をタップしパスワードを打てばアクセスは可能。
ただし gphoto2 なので DCIM ディレクトリ以外にはアクセスすることはできません。
iOS はサンドボックス化がガッツリ進んでいますね。

DCIM 以下に写真があり取り込むことも可能ですが恐ろしく遅いので注意。
又 iPhone 側にコピーしても iPhone に認識されません。
素直に iCloud を経由するか macOS を仲介するのが得策ということで。
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2018.