L'Isola di Niente
L'Isola di Niente » Linux アプリケーション

Linux アプリケーション

Comipoli (PyGObject and Clutter Sample Code)

comipoli/comipoli_beta11.png

comipoli beta13 Download (26.3kb)

PyGObject, ClutterImage で作っているコミックブックアーカイブビューアです。

※CBZ は画像を ZIP アーカイブして拡張子を cbz に変えたもの
※CBR は同様なものの RAR アーカイブ版、てかコッチが本家のようだ
※CB7 は同様なものの 7zip アーカイブ版

見開きで観覧できて Eye of GNOME のように使えるものが欲しかったのと
Clutter による OpenGL ES 描写でどうなるか試してみたかった実験を兼ねてます。
ぶっちゃけ、こんなにガチ仕様になるとは自分でも思わなかったってばさ。

GTK+ 3.20 からの GtkWidget 及び Clutter 3.0 以降の API を使っています。
事実上 GNOME 3.20 以降専用、GNOME 以外での動作確認を行うつもりはありません。
Fedora 24, 25 なら最初から環境が揃っています、使い方は GtkShortcutsWindow で。

インストールは sudo make install
アンインストールは sudo make uninstall
CBR を読み込む場合は unrar 必須です。
CB7 を読み込む場合は p7zip 必須です。
●beta13
多重にアーカイブ展開していた部分を書き換え、巨大ファイルでの表示が早くなった
Gjs 版も作ったけど何故か異様に遅い(原因調査中)ので今回も Python3 です

●beta12
次のコミックブックダイアログに [キャンセル] ボタン追加でマウスのみで使えるように
リサイズが滑らかになるようにした
サムネイルができなくなっていたのを修正

●beta11
試験的に画像の展開を都度読み込み方式に変更
  - ページが多い場合の読み込みが速くなるのとメモリの節約
  - ただしリクエスト毎に展開するのでページをめくるのが少々遅い、特に cb7
L->R ボタンはアクティブ状態で矢印を反転
読み込む画像に GIF を追加、ついでに正規表現で見つける方式に

●beta10
フルスクリーン時に画面上部にマウスカーソルでツールバー実装
subprocess モジュールを GSubprocess に変更
CBZ 以外は次のコミックブック読み込み時にメモリクリアしていなかったのを修正
次のコミックブックを探す時に大文字拡張子を考慮していなかったのを修正
左右ボタンの大きさはツールバーサイズになるように調節

●beta9
CB7 に対応(用 7za コマンド、p7zip パッケージに入っています)
beta8 で Makefile の記述を間違えていたのを修正

●beta8
CBZ を拡張子判別に変更(以前の手段では Fedora 25 で動作しなかった)
次のコミックブックアーカイブを探す時に CBR を無視していた。

●beta7
CBR に対応(要 unrar)

●beta6
最後のページから次ページで次の *.cbz ファイルを読み込むダイアログ
  - Enter 又は Space で読み込み、Esc でキャンセル
  - ファイル名ソートです、最後のファイルでは無視されます
サムネイルにて矢印キーで移動や Enter 確定でそのページを表示できるようにした
サイドボタンは GTK+ のアイコンを使うように変更
サイドボタンはちょっぴりだけ透けるようにした

●beta5
左右ページを入れ替えるトグルボタン追加(キーは F8)
左右クリックボタンは左右キー入れ替え設定と連動するように
左右クリックボタンを素早く押すとフルスクリーンになるのを修正
サムネイル表示を動的読み込みにして巨大ファイルでも早く表示されるように

●beta4
サムネイルはページ番号をオーバーレイ表示
サムネイル表示時に現在のページを選択
サムネイルが横に引き伸ばされる場合があったのを修正
スワイプで次ページは使い辛いので廃止
代わりに左右端にマウスを移動するとボタンが出るように
W クリックフルスクリーン復活

●beta3
巨大画像だった場合のメモリ使用量を減らした
[→], [←] キーの動作を入れ替える設定を付けた
サムネイル表示の縦サイズを指定できるようにした

●beta2
現在のページ番号をタイトルバーに表示するようにした(右ページ分のみ)
上記は完全 ZIP 展開の完了まで -- と表示することにした
サムネイル表示に F9 キー割り付け
サムネイルの改行は最大で 10 枚ごとになるように
マウス左ボタンでのスワイプでページをめくるように(タッチは多分未対応)
W クリックフルスクリーン廃止(スワイプと相性が悪い)
フルスクリーンボタン追加
開くダイアログボタン追加


●とりあえず版 to beta1
サムネイルから表示するページを選択できるようにした
(GtkHeaderbar 上のボタンより)
W クリックでフルスクリーン
横長の画像は一枚表示になるようにした
Ctrl+space 等では一枚送りになるようにした
Home で最初、End で最後のページへ移動




Y901x 1.2 (Gjs and Clutter Sample Code)

img/y901x_kbd.png

1.2 beta 5 Download (39.7kb)

GStreamer 動画プレイヤーは Gjs+Clutter で作り替えました。
ClutterGst 3.0 と GTK+ 3.20 が必須です、GNOME 3.20 構成部品の一部です。
すべて Fedora 24 には最初から入っています(Ubuntu 等では動きません)
ついでにインストールしないと動きませんw

構成の全面変更をしています、万が一 beta4 をインストールしている人がいたら
dconf-editor 等で GSettings の y901x 項目を一旦初期化してくらはい。

beta4 to beta5

set size と ContentType の設定を付けた
起動引数でスペース入りのファイル名を再生できなかったのを修正
フルスクリーン時のシークバーは背景を透過するようにした
起動スクリプトを sh から js に変更
インストーラを Makefile に変更
アイコンの変更(未確定)
Comipoli に合わせファイル構成の全面変更


beta3 to beta4

Gtk+ 3.20 仕様に変更(3.18 では動きません)
GtkFileChooserNative の追加
GtkShortcutsWindow の追加
引数付起動が失敗する場合があるのを修正
多重起動防止に原点回帰


beta2 to beta3

メモリリークしていたのを解決
シークバーを少し正確にした
シークバーからマウスポインタが外れても反応するようにした


beta1 to beta2

日本語ファイル名の引数を扱えるように
一時間を超えるファイルの場合の処理が間違っていた
フルスクリーンボタン削除、ダブルクリックのみに
アプリケーションメニューに情報ダイアログの追加
アスペクト比変更メニューボタン追加
  - カスタムアスペクト比設定は後日付ける予定
倍率リサイズ機能の追加
  - 以前とは仕様が違い常にウインドウサイズになります
  - キーボードの 1-9 にてリサイズするだけ、倍率は 1.1 と同じ
  - メニューはありません、キーボード操作のみ
  - set サイズのカスタム設定は後日付ける予定
シングルリピート、ディレクトリ内全部リピート機能の追加
  - F7, F8 キーに割り当て
  - ランダム再生機能は廃止します


初版 (beta1)

Space キーで再生/ポーズ、W クリックでフルスクリーン
起動パラメータと DnD による再生
又カヨと思われそうな同一ディレクトリのリストアップ
上下矢印キーで次のファイルを再生
以外は全部取っぱらい開発言語を Gjs+Clutter 化
設定の GSettings 化


Old App

y901x
Y901x 1.1.3 (2015.11.07)

シンプル動画プレイヤー、PyGObject による GStreamer 1.0 フロントエンド
Fedora 23 (GTK+ 3.18) 環境でのみ動作確認。

オンラインヘルプ
Changelog

1.1.3 Download (34.1kb)
0.3.9 Download (35.5kb) Python2, PyGtk(GTK2), gst0.10 最終版
clipoli
clipoli 2.0.1 (2013.08.13)

通知スペース常駐アプリ
コマンドで clipoli.conf を編集するオプション等の追加

オンラインヘルプ
ChangeLog

2.0.1 Download( 2.6kb) Python3
2.0.0 Download(10.2kb) Python2
trash は公開終了
gvfs-trash コマンドを使ってください
Copyright(C) sasakima-nao All rights reserved 2002 --- 2017.